携帯市場のプレスリリース

携帯市場、2017 年、中古ガラケー年間ランキングトップ 20 を発表! 販売トップは P-01H、買取は P-01F

携帯市場、2017 年、中古ガラケー年間ランキングトップ 20 を発表!
販売トップは P-01H、買取は P-01F
買取最高額は、シャープ製(2016 年発売)の「SH-01J」
2018 年は、「中古らくらくホン」がトレンドの兆し

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式
会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2017 年度中古ガラケー・フィーチャー
フォンの販売・買取ランキング、並びに、買取価格ランキング(12 月 10 日現在)を発表します。本ランキ
ングは、2017 年 1 月 1 日から 12 月 10 日まで、携帯市場が運営する携帯ショップ 3 店舗、ウェブサイト(注
1)における、年間約 20 万台、640 機種の売買の数量、買取価格により集計しています。

2017年度、販売ランキングTOP20

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

2

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

3

docomo

P-01G

パナソニック

2014/11/7

4

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

5

SoftBank

105SH PANTONE 4

シャープ

2012/3/9

6

au

GRATINA KYY06

京セラ

2013/9/14

7

au

GRATINA2 KYY10

京セラ

2015/2/6

8

SoftBank

002P COLOR LIFE 2

パナソニック

2011/2/25

9

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

10

docomo

P-01E

パナソニック

2012/11/3

11

docomo

SH-03E

シャープ

2012/12/14

12

SoftBank

301P COLOR LIFE 4 WATERPROOF

パナソニック

2014/1/31

13

au

E10K

京セラ

2011/10/7

14

SoftBank

401PM COLOR LIFE 5 WATERPROOF

パナソニック

2015/5/29

15

docomo

N-01G

NEC

2014/11/13

16

SoftBank

840P

パナソニック

2009/12/11

17

au

MARVERA2 KYY09

京セラ

2014/12/6

18

au

GRATINA 4G KYF31

京セラ

2016/2/19

19

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

20

docomo

F-01E

富士通

2012/11/10

2017年度買取ランキングTOP20

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

2

docomo

P-01G

パナソニック

2014/11/7

3

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

4

SoftBank

105SH PANTONE 4

シャープ

2012/3/9

5

au

GRATINA KYY06

京セラ

2013/9/14

6

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

7

SoftBank

002P COLOR LIFE 2

パナソニック

2011/2/25

8

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

9

au

GRATINA2 KYY10

京セラ

2015/2/6

10

docomo

SH-03E

シャープ

2012/12/14

11

SoftBank

301P COLOR LIFE 4 WATERPROOF

パナソニック

2014/1/31

12

docomo

P-01E

パナソニック

2012/11/3

13

au

GRATINA 4G KYF31

京セラ

2016/2/19

14

au

E10K

京セラ

2011/10/7

15

SoftBank

401PM COLOR LIFE 5 WATERPROOF

パナソニック

2015/5/29

16

docomo

N-01G

NEC

2014/11/13

17

SoftBank

840P

パナソニック

2009/12/11

18

au

MARVERA2 KYY09

京セラ

2014/12/6

19

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

20

docomo

F-01E

富士通

2012/11/10

(注1)店舗拠点、ウェブサイトは、こちら(http://keitaiichiba.co.jp/)よりご覧ください。

2017年度買取価格ランキングTOP10】※20171210日現在

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

買取価格(税込)

1

docomo

SH-01J

シャープ

5,000

2

Au

KYF33 TORQUE X01

京セラ

5,000

3

Au

SHF33 AQUOS K

シャープ

3,500

4

docomo

SH-09C

シャープ

3,000

5

docomo

P-01J

パナソニック

3,000

6

docomo

らくらくホン8F-08F

パナソニック

3,000

7

docomo

らくらくホンベーシック4 F-01G

富士通

2,500

8

docomo

F-07F

富士通

2,500

9

docomo

らくらくホンベーシックIII F-08C

富士通

2,500

10

SoftBank

301SH THE PREMIUM 10 WATERPROOF

シャープ

2,500

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

2017年は”パナソニックのガラケー”の年でした。売買ランキングTOP209機種もランクインし、ボタンを押すと画面が開く「ワンプッシュボタン」のニーズを再認識しました。また、法人に適した端末がよく売れ、法人需要を感じた年でした。その一方でガラホは仕入れがあるものの、販売では苦戦しました。

来年度のトレンドは、ズバリ「らくらくホン」。買取価格ランキングにも3機種がランキングに入り、スマートフォンから「らくらくホン」へ戻す方も増えています。中古らくらくホンの需要が増える予測をしています。

 

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場

代表者:代表取締役 粟津浜一

創業:20081

住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F

事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート

従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

197912月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。

 

携帯市場「メルカリチャンネル」開始を記念して 中古携帯のタイムセールを開催!初日は「iPhone6s 64GB」が 3000 円引き オープン初日は、粟津代表が自ら実演販売

携帯市場「メルカリチャンネル」開始を記念して
中古携帯のタイムセールを開催!
初日は「iPhone6s 64GB」が 3000 円引き
オープン初日は、粟津代表が自ら実演販売

携帯市場タイムセール メルカリ

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12 月 5 日(火)12 時より開始する、株式会社メルカリ(本社:東京都港区、代表取締役会長:山田進太郎)が運営する「メルカリチャンネル」オープニングを記念にて、タイムセールを開催します。当日は、台数限定にて、中古 iPhone6s 64GB(ソフトバンク)を 3000 円引き(通常 25,980 円を 22,980 円で販売)で販売します。

臨場感をもって販売できるライブコマースの特徴を生かし、店頭販売と同じようなタイムセールを開催し、中古携帯やアクセサリーなどを特別価格で提供します。また、傷や状態、不具合をその場でチェックする「公開生査定」を実演し、購入する方や下取りに出す方においても為になる情報を提供します。

「メルカリチャンネル」の法人向けサービスは、12 月 1 日より提供を開始しており、中古携帯の販売を行う法人としては、携帯市場が初めてです。

<携帯市場「メルカリチャンネル」ライブコマース詳細>

日時:12 月 5 日(火)12 時よりライブ開始
配信曜日:毎日配信予定
配信内容:
・掘り出し物携帯電話の販売
・アクセサリーの販売
・公開生査定
・タイムセール(随時開催) など

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

 

【業界初】中古携帯を動画で販売! 携帯市場、「メルカリチャンネル」でライブコマース開始

【業界初】中古携帯を動画で販売!
携帯市場、「メルカリチャンネル」でライブコマース開始
中古 iPhone や Galaxy、ガラケーをその場で「公開生査定」
12 月 5 日 12 時より 3 時間、商品化センターから毎日配信!

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12 月 5 日(火)12 時より、株式会社
メルカリ(本社:東京都港区、代表取締役会長:山田進太郎)が運営する「メルカリチャンネル」にて、携帯市場が保有する中古携帯のライブコマースを開始します。

「メルカリチャンネル」の法人向けサービスは、12 月 1 日より提供を開始し、中古携帯の販売を行う法人としては、携帯市場が初めてです。また、ライブコマースを導入することは、中古携帯業界においても携帯
市場が初めて(※)の試みです。(※)法人に限る。自社調べ。

このたび携帯市場が提供するライブコマースは、12 月 5 日 12時から約 3 時間、毎日配信します。配信内容は、中古携帯のデータ消去、クリーニングの実演などの普段見ない映像や、中古iPhoneやそのほかのスマートフォン、ガラケーなどの傷、状態、不具合などを見る「公開生査定」を行い、動画上で購入することが出来ます。倉庫となる商品センター(岐阜県羽島市)内でライブ配信を行うことで、沢山の端末やアクセサリーを販売することだけでなく、入荷されたばかりの端末をスピーディーに販売することが可能になります。

【株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント】

「お客様が中古携帯を購入する際に気になる点が、本体の状態(傷の大きさなど)と動作品質です。これらの不安感を解消してもらうために、ライブ中に「公開生査定」を行います。また、汚いイメージのある中古携帯をその場でクリーニングします。業界初の試みになるので、皆さん期待してください!」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身 「エコフォンツリー」点灯式を開催!

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身
「エコフォンツリー」点灯式を開催!
まだ現役!輝度が高い N906iu や音が懐かしい P900i など合計 50 機種
12 月 7 日「クリスマスツリーの日」より、携帯市場 神田本店にて

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12 月 7 日(木)17 時より、中古ガラケー・フィーチャーフォン専門の旗艦店「携帯市場 神田本店」にて、中古ガラケー50 機種によるクリスマスツリー「エコフォンツリー」を設置し、点灯式を開催します。

携帯市場神田店「エコフォンツリー」とは、携帯市場が所有する中古ガラケーで、輝度、音(目覚まし音)が特徴的な機種を厳選し装飾したクリスマスツリーです。点灯式では、タイマーセットによる 50 機種の中古ガラケーが一斉に鳴り響き、個性ある光を放ちます。会場となる「携帯市場 神田本店」は、11 月 15 日(水)にオープンし、常時 400 台以上を保有する中古ガラケー専門店であり、バッテリー持ちが良い、通話優先、最近では、子供向けにはスマートフォンより安全だという観点から、比較的安価で購入できる中古ガラケーが再注目されています。

【株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント】

「スマートフォンとは異なり、ガラケーには形や大きさ、色など様々な個性があります。中古でもまだ使え
る現役の機種は約 600 機種とスマートフォンより豊富です。エコな携帯“ガラケー”をアピールするために、
クリスマスイルミネーションとしても、音としても、個性あふれる 50 機種を用意しました。」

「エコフォンツリー」点灯式について

場所:携帯市場 神田本店/〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-22-2 エム・ワイビル1F
時間:12 月 7 日(木)17:00~18:00(受付:16:30~)
進行:ご挨拶・取組みの経緯について / 携帯市場 代表取締役 粟津浜一
点灯式開始 / タイマーセットによる目覚まし時計

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

「携帯市場 神田本店」リニューアルオープンを記念して、中古ガラケー・フィーチャーフォン、10月度の販売・買取ランキングを発表!

「携帯市場 神田本店」リニューアルオープンを記念して、中古ガラケー・フィーチャーフォン、10月度の販売・買取ランキングを発表!

販売トップはP-01G、買取はP-01H パナソニック製(docomo)が売買ともに1、2位を獲得、バッテリー長持ちが人気

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォン専門の旗艦店「携帯市場 神田本店」のリニューアルオープン(2017年11月15日)を記念して、10月度の販売・買取ランキングを発表します。本ランキングは、10月1日から31日まで、携帯市場が運営するショップ2店舗、ウェブサイト(注1)における売買の数量により集計しています。

10月度販売ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01G

パナソニック

2014/11/7

2

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

3

docomo

SH-05A

シャープ

2009/6/11

4

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

5

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

6

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

7

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

8

SoftBank

105SH PANTONE 4

シャープ

2012/3/9

9

docomo

SH-03E

シャープ

2012/12/14

10

SoftBank

001SH PANTONE3

シャープ

2010/11/3

10月度買取ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

2

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

3

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

4

au

GRATINA2 KYY10

京セラ

2015/2/6

5

au

GRATINA KYY06

京セラ

2013/9/14

6

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

7

docomo

らくらくホンベーシック4 F-01G

富士通

2014/10/4

8

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

9

docomo

F-01E

富士通

2012/11/10

10

SoftBank

840P

パナソニック

2009/12/11

(注1)店舗拠点、ウェブサイトは、こちら(http://keitaiichiba.co.jp/)よりご覧ください。

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

10月度の販売ランキングは、トップ10docomo6機種、Softbank4機種でした。買取ランキングは、docomo5機種、au2機種、Softbank3機種でした。販売においては、中古ということもあり、パナソニック製(docomo)を中心としたバッテリーが長持ちする機種が好まれる傾向にあります。買取においては、パナソニック製(docomo)が上位を占めるものの、シャープ製(Softbank)の「防水・防塵対応」は根強い人気で、高価買取しています。最近では、キャリアがガラケーの下取りを積極的に行っていないことから、特に、法人からの一括大量買取が増加しています。」

ガラケー総合専門店「携帯市場 神田本店」について

1115日より、中古ガラケー・フィーチャーフォンの旗艦店として、端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、また、購入後のアフターサービスまでを一貫して行う専門店としてオープン。1996KENWOODPH951のガラケーや2008年から日本で発売されたiPhone3Gなどの携帯電話の歴史が味わえる展示物もある。

 

携帯市場神田店

携帯市場神田店 店内

住所:〒101-0041東京都千代田区神田須田町1222

エム・ワイビル1F

TEL03-6260-9170

営業時間:1100 – 2000※最終受付は1900

定休日:土・日・祝日

売り場坪数:8

取扱商品:常時約400台のガラケー・フィーチャーフォン本体/電池パック/ネックストラップ、

フィルム、ストラップなどのアクセサリー等

<「携帯市場 神田本店」オープニングキャンペーンについて>

「携帯市場 神田本店」限定により、NTTドコモ、パナソニック製「P-01F」(ブラック)の中古端末を、通常価格より2000円オフの2,980円(税別、通常価格4,980円)で提供いたします。詳しくは、店頭にてご確認下さい(在庫無くなり次第終了)。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場

代表者:代表取締役 粟津浜一

創業:20081

住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F

事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート

従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

197912月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。

「携帯市場 神田本店」がリニューアル

20年前のヴィンテージガラケーから、10年前のiPhone3Gも展示
中古ガラケー常時400台以上、ガラケーの総合専門として初の旗艦店

格安スマホとの2台持ちやシニア買い替え利用増を受け、11月15日より

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、11 月 3 日に発売される iPhone X を記念して、携帯市場が運営する中古携帯の買取サイト「携帯電話買取.com」、「スマートフォン買取.jp」や中古携帯販売店「携帯市場」 3 店舗にて、11 月 3 日(金)から 11 月 30 日(木)までの期間、iPhone 8、iPhone 7Plus、iPhone 7 の 3 機種が通常買取価格より 10,000 円アップするキャンペーンを実施します。

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、11月15日より、ガラケー総合専門店として「携帯市場 神田本店」をリニューアルオープンします。今までは、スマートフォンの買取・販売やiPhone修理も行っていましたが、このたび、中古ガラケー・フィーチャーフォンの旗艦店としてリニューアルし、端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、また、購入後のアフターサービスまでを一貫して行う専門店をオープンします。1996年KENWOOD製PH951のガラケーや2008年から日本で発売されたiPhone3Gなどの携帯電話の歴史が味わえる展示もあり、携帯電話ファンにとっても楽しめる店舗です。

「総務省が発表した「平成28年情報通信白書」によると、60歳以上のスマートフォン普及率は35%、ガラケーの所有率は62%と、ガラケーに関しては、主要先進国に比べても高いままです。ガラケーユーザーは年々減っていますが、それでもまだ約3000万人の利用者が国内にいます。理由は、通話がしやすい、電池の消耗が少ない、軽い、インターネットにつながなくてもいい、通話料が安いなど、スマートフォンにない特長があること。最近では、ビジネスマンの方がまとめて購入し、シニアの方も買い替えで利用が増えています。スマートフォンが台頭し、ガラケーを気軽に買える環境が減っている背景や、最近では、格安SIMを利用したスマートフォンと2台持ちするガラケーユーザーも増えたことから、沢山のラインナップから手に取って品質を確認し、購入後のデータ移行も相談できる場所が必要だと考え、ガラケー専門店を立ち上げました。」(株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント)

当社携帯市場は、MVNO市場や中古携帯市場の活性化を目指すため、一定のビジネスシーンやシニア層の利用に多いガラケーの専門店を今後も出店を増やし、潜在需要を掘り起こす考えです。

携帯市場神田店リニューアル

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:佐野
TEL:03-3526-2755 070-2194-3990
メールアドレス:keitaiichiba@keitaiichiba.co.jp

株式会社携帯市場について

ガラケー総合専門店「携帯市場 神田本店」について

住所:〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
TEL:03-6260-9170
営業時間:11:00 – 20:00※最終受付は19:00迄
定休日:土・日・祝日
売り場坪数:8坪
取扱商品:常時約400台のガラケー・フィーチャーフォン本体/電池パック/ネックストラップ、フィルム、ストラップなどのアクセサリー等

「携帯市場 神田本店」の特徴

【歴史コーナーを設置】
20年前のガラケーが年代別で数台展示。iPhoneX発売を記念して、10年前に発売されたiPhone3Gや、iPhone3GSなども展示してあり、自分がお使いのガラケーの歴史やiPhone発売による変遷の歴史を知る事ができます。

【用途別にコーナー化】
メーカー別、年代別だけに関わらず、通話しやすい、電池が持ちやすい、写真がキレイ(画素数が多い)などの用途別にコーナーを準備します。

【中古携帯お取り寄せサービス】
ユーザーが探しているガラケーが見つからない場合、お取り寄せするサービス。当社の専用倉庫より在庫確認をし、見つかった場合は、店頭、または、ユーザーのご指定場所へ郵送します。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

シュピゲンジャパンとのコラボレーション 業界初!スマホケースと中古 iPhone セット販売 7 月 26 日新規オープンの携帯市場カインズホーム上里本庄店にて取扱開始

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、7月 26 日に新規オープンする携帯市場 カインズホームスーパーセンター上里本庄店内にて、当社が販売する中古 iPhone とシュピゲンジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鄭利元)のスマホケースをセット販売します。端末とスマホケースのセット販売は業界初の試みとなります。

携帯市場カインズホーム上里本庄店

中古スマホ販売店は、潤沢にスマホケースを取り揃えている所はほとんどなく、お客様はこれまでスマートフォン本体とケースを別々の場所で購入する必要がありました。この不便を解消するために、当社は、業界初の大人気中古 iPhone 本体とケースのセット販売を行います。中古 iPhone を購入されたお客様は、100 枚の中から気に入った好きなケース 1 つ選べます。

携帯市場カインズホーム上里本庄店 端末とスマホケースのセット販売

<アクセサリー詳細>
製造元:シュピゲンジャパン株式会社

コンセプト:米軍軍事規格のテストをクリアした機能性を持つスマホケース。落下、振動に強く、落としても壊れない丈夫な性能が売りになっています。種類:100 販売価格:2.290(税込)から

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:普久原 TEL:03-3526-2755 070-2194-3964

中古 iPhone は各キャリア 5S から 7 までで、様々な容量も取り揃えています。
<販売店舗情報>
携帯市場 カインズホームスーパーセンター上里本庄店
郵便番号:369-0305
住所:埼玉県児玉郡上里町大字神保原町字北稲塚 1845
営業時間:10 時から 20 時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【会社概要】
株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場
広報担当:普久原 TEL:03-3526-2755 070-2194-3964 アドレス:keitaiichiba@keitaiichiba.co.jp

いまだに根強いニーズあり 従来型携帯電話人気衰え知らず 日本最大級中古専門店販売好調

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、
根強い従来型携帯電話(ガラケー)のニーズに応えるため、中古ガラケーを約 2,000 台の在庫を取り揃え販
売。会社全体で販売台数が毎月約 7,000 台と販売好調です。

中古携帯販売店舗内中古携帯展示ディスプレイ

スマートフォン(スマホ)の急激な普及や格安スマホの台頭で、ガラケーの利用者が減少し続けています。

しかし、通話しやすく月額料金が安いイメージのあるガラケーのニーズはいまだに根強く存在しています。
にも関わらず携帯電話代理店では年間に数機種しか販売されてないため、ガラケーの利用者は入手する場所
がないのが現実です。

そこで当社は、国内の約 3,500 万人(MM 総研調べ)と言われるガラケー利用者が自分の好きな機種を選
べるように、中古ガラケーを販売し、業者への卸販売も行っています。2002 年発売から最新機種まで約 2,000
台取り揃え、会社全体で毎月約 7,000 台を販売。販売台数は 2 年前に比べほぼ減っておらず、根強い人気が
伺えます。売れ筋は、シンプルなデザインで、平均単価は 8,000 円。購入層は、30 代 40 代が多く、男女比
率は7:3になっています。

当社では、ガラケー利用者の受け皿になるべく、中古ガラケーを広めて生きたいと思っています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:木村 TEL:03-3526-2755 080-2249-5982

ガラケーを購入する理由として、当社でアンケートを取ったところ
・通話しやすい
・メールしやすい
・操作が簡単
・デザインがいい
・機種が魅力的だから などの意見がありました。

売れ筋は、シンプルなデザインの機種で、
・NTT ドコモ パナソニック製 P-01F ¥5,980
・Au 京セラ製 E10K ¥3,980
・SoftBank パナソニック製 301P ¥11,980
が当社売れ筋になります。
Android OS 搭載のガラケー(通称ガラホ)も人気で、au 京セラ製 KYF31 12,980 に人気が集中してい
ます。
購入される客層を当社販売データから分析したところ、

中古携帯販売購入者の客層・男女別・年代データのグラフ

このグラフの傾向は、2年前とほぼ変わらないことがわかりました。また、最近では、格安スマホの店舗
が多い都市圏の比率が減り、逆に地方の割合が増えていました。

当店で購入されたガラケーは、ご利用されているガラケー内に入っている SIM カード(電話番号や契約者
情報が記載されている IC チップ)を入れ替えるだけで、通常の使用ができます。
SIM カードの種類や購入される機種と契約されている料金プランによってはキャリアショップにて手続き
が必要な場合があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【会社概要】
株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:木村 TEL:03-3526-2755 080-2249-5982

傷が多くても買取金額変わりません!業界初!中古携帯定額買取 業界初!買取専門サイトにて 9 月 29 日サービススタート

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、買取専門サイト(スマートフォン買取:https://スマートフォン買取.jp/)にて、傷の種類や大小を問わず正常動作すれば定額で中古携帯電話を買取する業界初のサービス「サービス名:シングルプライス」を 9 月29日に当サイトにて開始します。

スマートフォン買取.jp

従来、中古携帯電話の買取金額は、対象本体の状態(傷の形や大きさ、汚れ、破損の有無)で決まります。傷が大きいほど金額が下がるというのが業界の常識になっています。そのためお客様視点では2つの問題が存在します。①自分の携帯がどのくらい減額されるかわからないため不安。②業者によって買取基準が異なるために、業界自体の不信感が広がる。そこでこれらの問題を解決するために当社は、傷の種類や大小を問わず正常動作すれば定額で買取する業界初のサービス「サービス名:シングルプライス」を 9 月 29 日に当サイトにて開始します。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:木村 TEL:03-3526-2755 080-2249-5982

報道関係各位

傷が多くても買取金額変わりません!
業界初!中古携帯定額買取 業界初!中古携帯定額買取
買取専門サイトにて 9 月 29 日サービススタート

業界の常識である通常の買取と業界初のシングルプライスの買取と比較してみましょう。

通常買取 シングルプライス
説明 傷の大きさや形状によって買取金
額が変動。
一般的には傷が大きいほど金額は
低い 傷の種類や大小を問わず正常動作
すれば定額で買取する 定額で買取する 定額で買取する 定額で買取する
メリット 傷が少ない美品は高い金額がつく ・送る前から買取金額が決まって
いるので、安心して査定に出せる
※シングルプライス対象機種の場
合は、お申込日の金額を 14 日間保
証致します。
・傷の状態等を確認する必要がな
いため、その分早く査定に出せる
デメリット ・金額が決まっていないので、い
くらになるか不安
・傷の状態を確認するため、査定
結果までに時間がかかる 傷が少ない美品は損する可能性が
ある
実物の傷の種類や状態から「シングルプライス」の説明をします。
下記の傷も「シングルプライス」なら定額買取になります。

(1)打痕傷:携帯電話を落としてしまった時につく傷

kizu1

(2)塗装の剥げ:塗装がとれてしまった時

携帯キズ

(3)擦り傷:何かにってしまったときにつく傷

kizu3

シングルプライス対象機種は、スマートフォン、従来型携帯電話(ガラケー)、タブレットになり、合計で約800機種になります。

当社は、シングルプライスを 9 月 29 日に買取専門サイト(スマートフォン買取:https://スマートフォン買取.jp/)にて開始します。

サイトでの買取手順は以下の通りです。

STEP(1)

サイトから買取の申し込み

STEP(2)

査定したい商品と必要書類を梱包
買取申込書ダウンロード

・申込書をダウンロード、印刷の上ご記入ください。

<本人確認書類について>
スマートフォン、携帯電話の買取には、以下の(1)~(8)のいずれか1点の本人確認書類が必要になります。

※「氏名」「現住所」「生年月日」が記載されているもので有効期限内のものに限ります。本人確認書類と利用者の現住所が異なる場合は,現住所を確認できる A/B いずれかの書類もセットで必要になります。

商品発送の際に、コピーをご同封ください。氏名と住所等が記載されている面のコピーが必要となりますので、証明書によっては 複数枚のコピーをとってください。

(1)運転免許証
(2)保険証+住民票(2 つでセット)
(3)写真付きの学生証
(4)パスポート
(5)外国人登録証明書
(6)写真付きの住民基本台帳カード(氏名、住居、生年月日の記載があるもの)
(7)写真付きの身体障害者手帳
(8)写真付きの療育手帳

※本人確認書類と利用者の現住所が異なる場合は,現住所を確認できる以下の書類もセットでお送り下さい。

A)現住所が記載され,利用者本人の氏名または世帯主の氏名が記載された公共料金の領収書のコピー(ただし発行より3か月以内のもの)

B)現住所記載の住民票(本人確認書類記載の住所が前住所として記載されているもの)(発行より3か月以内のもの)

※法人の方はご担当者様のお名刺のコピーもお送りください。

STEP(3)

集荷

佐川急便がご希望の集荷日に集荷に伺いますので、STEP2 で用意した荷物を 手渡してください。
STEP(4)

査定

お客様から送っていただいた商品が届きましたら、買取専門スタッフが本査定します。

3 営業日以内に査定結果をメールでお伝えします。

STEP(5)

入金

買い取り成立後、3 営業日後にお振込みいたします。

<<<<<店舗情報>>>>>

【スマートフォン買取】

スマートフォンを中心にガラケー、タブレットの買取専門店

http://スマートフォン買取.jp/

【スマホ生活】
20 代 30 代をメインターゲットにした日本最大級スマートフォンネット専門店 http:// www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【会社概要】

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社携帯市場 広報担当:木村 TEL:03-3526-2755 080-2249-5982

「なつかしの従来型携帯電話(ガラケー)を楽しく探せる」をコンセプトにした新コーナー「ガラケー横丁」を設置しました。

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、「なつかしの従来型携帯電話(ガラケー)を楽しく探せる」をコンセプトにした日本初の新コーナー「ガラケー横丁」を5月15日に設置しました。

中古携帯電話のイメージ

日本国内の携帯電話契約回線数は、未だに携帯電話情報端末(スマートフォン)よりガラケーの方が多い(スマートフォン5328万回線に対しガラケーは6658万回線)にも関わらず、ここ数年間、ドコモなどのショップ(キャリアショップ)ではスマートフォンの販売重視で、ガラケーの販売に力を入れておらず、なおかつガラケー自体の商品発売がないため、ガラケー利用者は購入できる場所がありません。

当社では、そのような状況に置かれているガラケー利用者に、なつかしさとともに楽しくガラケーを購入してもらえるように、当社調べで現在の所、日本初で唯一の中古ガラケー専門サイト(ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/)内に、新コーナー「ガラケー横丁」を5月15日に設置しました。

 

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社携帯市場 広報担当:松崎

※TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756

 

2008年にアップルからスマートフォン「アイフォーン3G」が発売されて以来、日本国内で携帯電話情報端末(スマートフォン)利用者が急激に増えています。その結果、携帯電話の主役が従来型携帯電話(ガラケー)からスマートフォンに移ったような印象を持っている人がほとんどではないでしょうか?

実は、未だにガラケー利用者数はスマートフォン利用者よりも多いです。

 

調査会社MM総研の発表によりますと、2013年12月時点で、スマートフォン利用者数(契約数):5328万件に対し、ガラケー利用者数(契約数):6658万件で、なんとガラケーの契約数比率は55.5%。ガラケー利用者は都心よりも地方に多く存在し、スマートフォン利用者層よりも比較的年齢の高い層の支持が強いため、驚くようなデータが出たと考えられます。

 

ガラケー利用者が多いという事実があるにも関わらず、キャリアショップから発売される携帯電話は、ほとんどがスマートフォンになっています。昨年2013年夏モデルではついにキャリアショップからガラケーの新機種発売が見送られました。その後、2013年冬2014年春モデルでは数機種発売されましたが、少ない状況は変わりません。

そのため、ガラケー利用者はキャリアショップで新しいガラケーを購入することができず、スマートフォンを使う選択をせざるをえない状況に陥っています。しかしながら、どうしてもガラケーを使いたいという根強いニーズがあります。

 

ガラケー利用者にガラケーを使い続ける理由をアンケートした所、

・携帯電話本体が安い

・通話しやすい

・メールしやすい

・操作が簡単

・毎月の利用料金が安い

・小さい

・軽い

・デザインがいい

・電池の持ちがいい

などの意見が出ました。

 

当店は、日本国内のガラケー契約数:6658万件のために、中古ガラケーを販売する日本初で日本唯一の中古ガラケー専門サイト「ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」を2013年6月13日にオープンし、売上は右肩上がりで伸びています。

2005年発売のガラケーから最新機種まで幅広いラインナップを揃えているため、お客様に「なつかしさ」と「楽しさ」を感じてもらいながら選んでもらいたいと考え、ガラケー生活内に新コーナー「ガラケー横丁」を5月15日に設置しました。

 

「ガラケー横丁」の名前は、お祭りの屋台をイメージして付けました。夏の蒸し暑い中、たくさん並んでいる屋台でおいしいものを食べ歩きしながら、金魚すくいやスーパーボールすくい、射的などのゲームを楽しむというイメージです。

 

中古携帯の携帯市場 携帯横丁のイメージ中古携帯の携帯市場 携帯横丁のイメージ2

 

ガラケー横丁には、「なつかしさ」と「楽しさ」を感じてもらうために、2005年から2013年までの一年ごとに、

・時事ニュース

・流行語

・ヒット曲ランキング

・映画ランキング

・TVドラマ視聴率

・流行ファッション

・ヒット商品

・ベストセラー

を表示しています。

これによって、「この機種の発売された頃はこんな時代だったな」となつかしさと楽しさを感じてもらえるようになっています。

 

当店で購入されたガラケーは、ご利用されているガラケー内に入っているSIMカード(電話番号や契約者情報が記載されているICチップ)を入れ替えるだけで、通常の使用ができます。

SIMカードの種類や購入される機種と契約されている料金プランによってはキャリアショップにて手続きが必要な場合があります。

 


【サイト概要】

ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/


【会社概要】

■会社名 株式会社携帯市場

■代表者 代表取締役 粟津浜一

■設立 2009年1月

【本件に関するお問い合わせ】

■株式会社携帯市場

■担当者 松崎

■本社 東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F

TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756


平成26年5月30日

株式会社携帯市場

携帯電話の買取方法を募集(クラウドワークスと共同プロジェクト)

クラウドワークスと共同プロジェクト
携帯電話の買取方法を募集 3月30日募集スタート

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、
日本最大手のクラウドソーシング事業を行う株式会社クラウドワークス
(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田浩一郎 以下「当社」)と連携し、
中古携帯電話の回収・買取方法のアイディアを 3月30日から募集します。

中古携帯の新しい回収・販売方法のアイデアを大募集
中古携帯の新しい回収・販売方法のアイデアを大募集

株式会社携帯市場では、これまで自社店舗(神田店、池袋店)・自社サイト・代理店経由などで
月間約 10,000台の中古携帯の買取を行ってきました。

しかし、

1.携帯電話が売れるという認知をしている人が少ない
2.自宅に眠っている中古携帯電話が圧倒的に多い

上記の2点の課題が存在するため、当面の目標である月間 50,000 台を達成するには、
これまでと同じアプローチでは難しく、これまでとは全く異なる回収・買取ルートを確立する必要があると考えています。

そこで、この度クラウドワークス社と連携し、クラウドソーシングを活用して
携帯電話の回収・買取方法のアイディアを募集することにしました。

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社携帯市場 広報担当:木村 TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756
募集内容:中古携帯電話の新しい回収・買取り方法のアイディア
募集期間:2015 年 3 月 30 日(月)~4 月 13 日(月)

【株式会社クラウドワークス】
クラウドワークスは、「21 世紀のワークスタイルを提供する」をミッションとして展開する
日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』( http://crowdworks.jp/ )の運営会社です。

クラウドワークスは「地域活性化」「女性の新しい働き方を支援する」「海外展開」という3つのテーマで事業を展開しており、
登録された仕事の予算総額は 180 億円を突破。利用クライアントは上場企業を始めとする 48,000 社に加え、
経済産業省、総務省、国土交通省、外務省など政府 4 省を筆頭とて約 20 の都道府県・地方自治体なども活用。
サービスの登録会員は 188 業種・26 万人に達しており、IT ビジネスからモノづくりまで、
在宅での仕事が可能な大半の職務領域をカバーする、日本を代表するクラウドソーシングサービスに成長しております。

【会社概要】
株式会社携帯市場
代表取締役 粟津浜一
東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場
広報担当:木村

TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756

楽天モバイルの申込と買取でポイントプレゼント【中古携帯電話買取】

楽天モバイルの申込と買取でポイントプレゼント 中古携帯電話買取 12月24日からキャンペーンスタート

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:粟津 浜一、以下、携帯市場)は、楽天グループの通信会社で楽天モバイルを運営しているフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 池口 正剛、以下、フュージョン)と、お客様がお持ちの携帯電話端末(スマートフォンおよびフィーチャーフォン)の「楽天 中古端末買取キャンペーン」を12月24日から実施いたします。

「楽天モバイル 中古端末買取キャンペーン」は、「楽天モバイル」にご契約のうえで携帯市場と中古端末の買取を成約されたお客様を対象に、楽天スーパーポイント5,000ポイントをプレゼントするキャンペーンです。お客様の携帯電話端末(※1)の引取り・査定・買取は携帯市場が行います。

<中古端末買取の流れ・概要について>
楽天モバイル 中古携帯買取ポイント付与の図

キャンペーンについての詳細は以下の通りです。
楽天モバイル 中古端末買取キャンペーン

※キャンペーンの詳細および具体的な適用条件はキャンペーンサイトにてご確認下さい。
(※1)買取対象端末については、キャンペーンの買取詳細ページをご確認下さい。
買取詳細ページ:http://buyback.rakuten.co.jp/event/point_rakutenmobile/

楽天モバイルについて
「楽天モバイル」は、フュージョンが今年10月29日に提供を開始した、NTTドコモのLTE網を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスです。SIMフリー端末と音声通話対応の格安SIMカードの格安スマホセット、および音声通話対応の格安SIMカードのみの、2つのサービスを提供しています。セット端末として、大容量メモリ搭載で快適動作の「ZenFone 5(ASUS JAPAN株式会社製)」、防水・ワンセグを搭載した端末「AQUOS SH-M01(シャープ株式会社製)」、高性能端末「Ascend Mate7(華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)製)」を提供しています。

【楽天モバイルサービスサイト】
http://mobile.rakuten.co.jp/

【楽天モバイル 中古端末買取キャンペーンサイト】
http://mobile.rakuten.co.jp/campaign/buyback/
※表記の金額は全て税別です。

【フュージョン・コミュニケーションズ株式会社について】
「Everything Over IP」の実現をコンセプトとして、固定通信 (マイライン)、IP 電話、モバイル、インターネット接続サービスを提供する楽天グループの通信事業会社です。IP プラットフォーム上での音声やデータ、コンテンツやアプリケーションなどの新たな可能性を創出すべく、更なる事業展開、拡大を目指します。 詳細は http://www.fusioncom.co.jp/ をご覧ください。


【会社概要】
株式会社携帯市場
代表取締役 粟津浜一
東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場
広報担当:木村

TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756

中古端末の安定的な調達を可能とした「全国1,000店舗以上の提携ネットワーク」

6月9日に東京・神田駅にほど近い場所に中古携帯専門店を開店した携帯市場。同社が安定的に中古携帯端末を調達できる要因として、特徴的な事業展開が挙げられる。 他社と同様、自社店舗や自社サイトを活用して中古端末の買取を行っているが、それに加えて中古携帯を取り扱う提携店へのサポートを通じた調達ルートを確立しているのだ。そこで今回は同社のビジネスモデルを取り上げたい。

全国1,000店舗以上の提携ネットワークを構築

同社が中古携帯端末事業に参入したのは2008年1月。他社との差別化をはかるべく携帯電話の知識がないスタッフでも中古端末の取り扱いが可能となるシステムを自社で開発し、事業提携先に対してシステムを提供するとともに、コンサルティングなども行っている。 リサイクル業界にとって、新しい商材を取り扱うことは競合と差別化をはかる有力手段となることから、従来携帯電話を取り扱っていなかったリサイクルショップを中心にシステムを提供することで提携先を拡大していった。 提携の方法として、携帯市場にサポートを依頼する範囲によって3つのプランが提供されている。

中古携帯 買取プラン

「買取プラン」は、提携先事業者は中古端末の買取のみを行い、買い取った端末をすべて携帯市場に買い上げてもらう方式。

中古携帯 買取プラン

 

中古携帯 販売プラン

「販売プラン」は、提携先事業者が中古端末の買取を行い、クリーニングやデータ消去などのバックオフィス業務を携帯市場に依頼、再製品化された端末は提携先事業者が自ら販売を行う方式。

中古携帯 販売プラン

「現在、提携事業者は1,000店舗を突破しているが、そのうち約8割が『買取プラン』を選択している」(同社代表取締役 粟津 浜一氏)という。つまり、それら店舗が買い取った端末は携帯市場が全量買い上げることとなり、このネットワークによって全国から中古端末を安定的に調達しているのだ。調達した端末は、通販サイトや店舗を通じて販売を行っている。 提携事業者の中には、独自にネット販売を行おうと考えているケースもあるが、同社ではあまりお勧めしていないという。これは、独自にサイトを立ち上げるにせよ、ネットショッピングサイトに出品するにせよ、コストや労力をかけた割に売上に結びつかないからで、ネット販売を希望する場合は携帯市場のサイト内で委託販売することを勧めている。

中古端末を軸にした新展開も検討

現在同社では、中古端末購入時にインターネット回線を申し込んだ場合、最大1万5000円のキャッシュバックを行うキャンペーンを展開している。音声通話が可能な格安SIMと中古フィーチャーフォンのセット販売など、新たな取り組みも絶えず検討を行っているという。 中古端末市場は2016年度に現在の約2倍の規模に拡大するとみられ、急成長を追い風とした同社の今後の新展開にも期待したい。

東京・神田に中古携帯専門店を開設、フィーチャーフォンをメインにする狙いは

中古携帯端末の売買や、中古携帯を取り扱う提携店へのサポートを行う中古携帯の携帯市場が、6月9日に東京・神田駅にほど近い場所に中古携帯専門店を開設した。

神田という立地を活かし フィーチャーフォン中心に陳列

もともと2012年3月より中古携帯専門店を開設していたが、当時は小伝馬町近くのビルの3階に位置していた。「路面店ではないため、ウィンドウショッピング感覚でふらっと立ち寄ってもらえる環境にない」(同社代表取締役 粟津 浜一氏)ハンディを抱えていたものの、コンスタントに端末が売れていったという。 ネット通販で購入できるにもかかわらず店舗に足を運ぶ利用者が一定数存在した背景には、今まで使っていた携帯電話が壊れたので一刻も早く端末を入手したいというニーズがあった。 そこで、店舗での販売を強化すべく神田駅前への移転に踏み切った。移転にともない、店舗を通り沿いの1階にしたことで気軽に足を運んでもらえる環境を整えた。 神田という立地は「仕事で通話をよく行うサラリーマンが多く、フィーチャーフォン(従来型端末)への引き合いも強い」と粟津氏は見ており、店舗に陳列している中古端末もフィーチャーフォンをメインとしている。

フィーチャーフォンに注力するワケ

携帯市場では、店舗だけでなく、ネット通販においても中古フィーチャーフォン端末に特化したサイト「ガラケー生活」の運営を行うなど、フィーチャーフォンに注力している。そのため、中古携帯の販売に占めるフィーチャーフォンの割合は約6割と、スマートフォンを上回っているのだ。 なぜ、フィーチャーフォンに注力しているのだろうか。 実は、中古スマートフォンには、”旬”がすぐに過ぎてしまうリスクが存在するのだ。数ヶ月おきに新機種が発売されている現状では、端末がすぐ陳腐化してしまい、値崩れが起きやすい傾向にある。 一方フィーチャーフォンの場合、スマートフォンに比べて新機種数が少なく、かつ高機能化も一巡しており、昔の端末と現在の端末にそれほどの性能差がないため価格が比較的安定しているという。

また、店舗の立地を踏まえた戦略という側面もある。神田は、中古スマートフォン端末の取り扱い店舗が密集する秋葉原に隣接しているおり、フィーチャーフォンを主力にすることで棲み分けを狙っている。 神田にオープンした店舗について「店舗での販売目標は月間1000万円。今後は多店舗展開も検討を行っていく」(粟津氏)とのことだ。 ここまで、携帯市場が新店舗を出店した背景、フィーチャーフォンに特化している理由などを取り上げてきた。次回は、同社が中古端末をどのように調達しているのか、ビジネスモデルとともに取り上げたい。

【日本初!】中古スマートフォン専門販売サイト『中古携帯携帯市場 スマホ生活』 1月15日(水)にオープン

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う
株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、
日本初!中古スマートフォン専門販売サイト
中古携帯携帯市場 スマホ生活:http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/」を1月15日(水)にオープンします。
日本国内のスマートフォン契約数は2013年9月末に5,000万件(ガラケー契約数:約7,000万件)を突破し、
MM総研は、2014年度中にはスマートフォン契約数がガラケー契約数を超える見通しと発表しています。
株式会社携帯市場では、スマートフォン契約回線数増加に対して、
中古スマートフォンのニーズが比例して増加すると考え、
日本で初めて中古スマートフォン専門販売サイトを1月15日(水)にオープンします。
サイト名:中古携帯携帯市場 スマホ生活
URL:http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
当サイトでは、
(1)ショップでは買えないスマートフォンが欲しい人
(2)スマートフォンを少しでも安く買いたい人
(3)分割払いで買いたくない人
(4)故障・水濡れしてしまった人
のお客様をターゲットに中古スマートフォンを販売していく予定です。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.rakuten.co.jp/garakei/
■買取サイト
http://ガラケー買取.jp/
http://スマートフォン買取.jp/
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 木村 かおる
■E-Mail info@award-s.com

中古スマートフォン買取サイト「スマートフォン買取.jp」を9月17日(火)にオープン

中古スマートフォン買取サイト「スマートフォン買取.jp」

スマートフォン買取.jp

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、スマートフォンを買取する 中古スマートフォン買取サイト「スマートフォン買取.jp」を9月17日(火)にオープンしました。
キャリアショップや量販店で販売されている携帯電話は、ほとんどがスマートフォンで、出荷台数比率は、ガラパゴス携帯(ガラケー)2:スマートフォン:8 になっています。
このように出荷台数のほとんどを占めるスマートフォンの中古をビジネスチャンスとして捉えて、当社では、「中古スマートフォン」を買取するサイト「スマートフォン買取:http://p.tl/OXNV」をオープンしました。
サイト名:スマートフォン買取
URL:http://p.tl/OXNV
当サイトの特徴は、
(1)スマートフォンに特化した買取サイトである
(2)最低価格が保証されている
キズが多くても査定が下がることはありません。当サイトの基準を満たせば最低価格で買い取りします
(3)査定価格が積み上げ式
通常、キズが多いと査定価格が下がっていきますが、当サイトではキズが少ないと査定価格が上がっていきます。
(4)どんなものでも全て買取
液晶にヒビが入っている、電源が入らない なんでも買取します。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.rakuten.co.jp/garakei/
■買取サイト
http://p.tl/hEoc
http://p.tl/OXNV
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 木村 かおる
■E-Mail info@award-s.com

ガラケー買取専門サイト「ガラケー買取.jp」オープン!

ガラケー買取専門サイト「ガラケー買取.jp」オープン!Webで1日数十台買い取り

ガラケー買取.jpガラケー買取.jp

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、ガラパゴス携帯(ガラケー:日本特有の機能を持つ携帯電話)を買取する 中古ガラパゴス携帯(ガラケー)買取サイト「ガラケー買取:http://xn--mckk1ozcr16ufl9d.jp」を8月20日(火)にオープンしました。

ガラパゴス携帯(ガラケー)は、スマートフォン(スマホ)よりこれまでに各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)から販売された機種のラインナップ及び台数が多いため、日本国内にはスマホよりも圧倒的にガラケーが眠っています。

当社では、眠っているガラケーをターゲットに、「中古ガラケー」を買取するサイト「ガラケー買取:http://xn--mckk1ozcr16ufl9d.jp」をオープンしました。

サイト名:ガラケー買取
URL:http://xn--mckk1ozcr16ufl9d.jp

当サイトの特徴は、

(1)ガラケーに特化した買取サイトである

(2)最低価格が保証されている
キズが多くても査定が下がることはありません。当サイトの基準を満たせば最低価格で買い取りします。

(3)査定価格が積み上げ式
通常、キズが多いと査定価格が下がっていきますが、当サイトではキズが少ないと査定価格が上がっていきます。

(4)どんなものでも全て買取
10年前の機種、2つに割れた機種、液晶にヒビが入っている機種 なんでも買取します。

当サイトでは、2013年9月現在、一日あたり数十台の買取を行っています。
「ガラケーが売れるという認知度」が高まれば買取台数が増えると想定しています。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.rakuten.co.jp/garakei/
■買取サイト
http://xn--mckk1ozcr16ufl9d.jp
http://xn--jck5a6bwc1b5hncu475bi80f.jp
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 木村 かおる
■E-Mail info@award-s.com

楽天市場に中古ガラパゴス携帯(ガラケー)販売専門サイト 「ガラケー生活」がオープンしました

楽天市場に2店舗 ガラケー専門店「ガラケー生活」を出店

楽天市場 ガラケー生活

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、ガラパゴス携帯(ガラ ケー:日本特有の機能を持つ携帯電話)の中古を販売する 中古ガラパゴス携帯(ガラケー)販売サイト「ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」を8月1日(木)にオープンしました。

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、ガラパゴス携帯(ガラケー:日本 特有の機能を持つ携帯電話)の中古を販売する 中古ガラパゴス携帯(ガラケー)販売サイト「ガラケー生 活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」を8月1日(木)にオープンしました。

スマートフォン(スマホ)は、ガラパゴス携帯(ガラケー)と比べて
・インターネットをする
・ゲームする
・音楽を聴く
・動画を見る
・画面が大きい

など高速にかつ快適に楽しめるため、スマホユーザーは増加し、キャリアショップや代理店では、ガラケーの姿がほとんど見えなくなっています。

そのような状況のなか、スマホ利用のデメリット(契約がわかりにくい/通話しにくい/メール操作しにくい など)から、スマホからガラケーに戻す流れが出てきています。

ただ、キャリアショップでは、ガラケーがほとんど販売されていないため、お客様がガラケーを購入しようとしても買うことができない現実があります。

当社では、そのようなお客様をターゲットに、「中古ガラケー」を提案販売する専門サイト「ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」をオープンしました。サイト名:ガラケー生活
URL:http://www.rakuten.co.jp/garakei/

サイトオープン後、中古ガラケーは主に以下のような方が購入されています。

(1)ショップでは買えないガラケーが欲しい人
(2)携帯電話を安く買いたい人
(3)分割払いで買いたくない人
(4)故障・水濡れしてしまった人

ガラケーのニーズがある限り、今後も『ガラケーユーザーの受け皿』になれるようにサイトを運営していきます。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.rakuten.co.jp/garakei/
■買取サイト
http://ガラケー買取.jp/
http://スマートフォン買取.jp/
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 木村 かおる
■E-Mail info@award-s.com

携帯市場、中古携帯電話の買取・販売システムを出展。 売買リスクを低減し、中古携帯市場の活性化を目指す

携帯市場、中古携帯電話の買取・販売システムを出展。売買リスクを低減し、中古携帯市場の活性化を目指す

中古携帯 買取システムの機種検索結果中古携帯 買取システムの機種検索結果

携帯市場は中古携帯電話の買取システムおよび販売システムを出展している。型番を入力すると、買取や販売時の最新の「推奨価格」を提示する。これを利用することで、業者は買取査定や販売価格設定の手間が省け、適正な価格での売買が可能になる。市場ニーズの変化に伴う価格変動リスクを低減し、確実な利益確保をサポートするのが狙い。今後は中古携帯電話の買取・販売が容易になる点をアピールし、新規参入を促すことで、中古携帯市場の活性化を目指す。

型番だけで「推奨価格」を提示

携帯市場が出展した中古携帯電話の買取システムおよび販売システムは買取や販売時の最新の「推奨価格」を示す ウェブシステム。「全国500店舗以上の中古携帯業務を支援するノウハウを活かし『誰でも簡単に中古携帯を買取・販売できるシステム』を目指して開発しました」と社長の粟津 浜一氏は話す。ブースでは両システムの機能、操作性などを紹介するデモを行っている。

両システムとも、PCとインターネットにつながる環境があれば利用できる。認証を経た上で型番を入力するだけで、情報を得られる。システムは膨大な情報を蓄積した携帯電話のデータベースと連携し、全国のマーケットから算出した最新の「推奨価格」を提示する。情報は毎週更新される。

中古携帯の携帯市場 粟津浜一 代表中古携帯の携帯市場 粟津氏(左)と三輪氏

買い負け、売り負け防止に有効

ニーズの変化により、中古携帯市場には常に価格変動リスクが付きまとう。「買い負け」や「売り負け」を防ぐには、適正な買取査定や販売価格設定を行う必要がある。「そのためには専門スタッフの目利きが欠かせません」と話す粟津氏。持ち込まれた機種が人気機種 なのか、新品なのか、キズの程度に応じた買取価格をどうすればいいかといったことは経験やノウハウがないとわからないからだ。この点がハードルになり、新規参入が難しかった。

システムはこのハードルを下げる狙いがある。例えば、買取システムの場合、価格はキズの有無にかかわらず、販売価格を差し引いて一定の利益を確保できる価格が提示される。買取査定や販売価格設定の手間を省き、適正な価格でスピーディな売買が可能になることで「買い負け」や「売り負け」を防げるようになる。

誰でも簡単に利用できるようにするため、システムは使いやすさを重視。シンプルな操作と快適性を追求した。「例えば、最新の買取価格を調べるのに要する 時間は一台当たりおよそ5分で済みます」とEC事業部 システム課の三輪 光彦氏は説明する。接客時の営業トークのマニュアルも表示されるため、経験の浅いスタッフでもスムーズな買取・販売業務を行える。

在庫管理システムも提供予定

さらに同社は10月15日より、新たに中古携帯電話の在庫管理システムも提供する。これは在庫の単品管理とデー タ分析機能を兼ね備えたWebシステム。単品管理により、一台ずつの粗利益を把握できるほか、登録した機種ごとのデータから1カ月以内に売れた台数、店頭に出品した台数、売れ残り台数、販売平均価格、買取平均価格など店舗の売れ筋も把握できる。「これらの情報を活用することで、効果的な販促活動を展開することが可能になります」(粟津氏)。

将来的には買取・販売・在庫管理の各システムを統合し、中古携帯の流通にかかわる一連の流れを包括したトータルソリューション化を目指す。
今回出展したシステムは中古携帯の買取・販売プロセスを効率化し、様々な事業者が参入しやすくするのが狙い。今後は多くの事業者の利用を促すことで、中古携帯市場の活性化に貢献していく考えだ。

関連リンク

https://keitaiichiba.co.jp/

http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/

CEATECニュース より引用

ガラケーが日本国内で再評価。中古ガラケー専門販売サイト『ガラケー生活』にてガラケー激安祭り 10月13日(日)10:00スタート

ガラケーが日本国内で再評価。さらにより多くのお客様にガラケーを使っていただく為に、
楽天市場「ガラケー生活」にて販売促進キャンペーン≪ガラケー激安祭り≫を開催します

中古携帯電話の買取販売とコンサルティング等を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、
ガラパゴス携帯(ガラケー:日本特有の機能を持つ携帯電話)の中古ガラケーの販売専門サイト
ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」(楽天市場)にて
独自販売促進キャンペーン≪ガラケー激安祭り≫を10月13日(日)10時から開始します。

スマートフォン(スマホ)は、ガラパゴス携帯(ガラケー)と比べて

・インターネットをする
・ゲームする
・音楽を聴く
・動画を見る
・画面が大きい

など高速にかつ快適に楽しめるため、スマホユーザーは増加し、
キャリアショップや代理店では、ガラケーの姿がほとんど見えなくなっています。

そんな中、ガラケーの特徴である

・携帯電話本体が安い
・通話しやすい
・メールしやすい
・操作が簡単
・毎月の利用料金が安い
・小さい
・軽い
・デザインがいい
・電池の持ちがいい

などガラケーが日本国内で再評価されはじめ、
ドコモ・au・ソフトバンクでは2013年冬モデルからガラケーの販売が予定されています。

中古携帯の携帯市場では、上記のようなニーズを持つお客様をターゲットに、
「中古ガラケー」を提案販売する専門サイト「ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」を8月1日(木)にオープンし、
オープン後、売上は月商500万円を超える勢いで右肩上がりで伸びています。

ガラケーニーズが非常に高まっている背景の中、「ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/」では、
より多くのお客様にガラケーを使っていただく為に、販売促進キャンペーン≪ガラケー激安祭り≫を企画しました。

ガラケー激安祭り

ガラケー生活:http://www.rakuten.co.jp/garakei/

キャンペーン名:ガラケー激安祭り
開始時間:10月13日(日)10:00
終了時間:10月16日(水)1:59
キャンペーンでは、通常価格の50%OFFの商品も販売予定で、
当期間内で100万円の売上を見込んでいます。
※一部商品は対象外になります。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.rakuten.co.jp/garakei/
■買取サイト
ガラケー買取.jp
スマートフォン買取.jp
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 木村 かおる
■E-Mail info@award-s.com

決して時代遅れじゃない!従来型携帯電話いまだに大人気

2012決して時代遅れじゃない! 従来型携帯電話いまだに大人気 サラリーマンの街東京神田に日本最大級専門店6月9日開店

中古携帯電話の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、いまだに根強いニーズのある従来型携帯電話(ガラケー)に特化した日本最大級品揃えを持つ店舗をサラリーマンの街神田に6月9日開店しました。

日本国内の携帯電 話契約回線数は、携帯電話情報端 末(スマートフォン)よりガラケーの方が未だに多い(スマートフォン5328万回線に対しガラケーは6658万回線)にも関わらず、ここ数年、ドコモなどのショップ(キャリアショップ)ではガラケーよりもスマートフォンの販売を重視してきました。

その結果、ガラケー自体の新商品発売が減り、ガラケー利用者は購入できる場所がなくなってしまいました。 ガラケー利用者が好きな機種を購入できるように、当社調べで日本初の中古ガラケー専門店(店名:携帯市場)を6月9日開店しました。ガラケー利用者の中でも数の多いサラリーマンにターゲットを絞り、在庫1000台以上揃えた大型店舗になっています。

中古携帯携帯市場本店 店内中古携帯携帯市場本店 店内

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社携帯市場 広報担当:松崎 TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756

2008年にアップル社から発売された携帯電話情報端末(スマートフォン)「アイフォーン3G」の爆発的ヒット後、日本国内でスマートフォン利用者が急増しましたが、調査会社MM総研の調査によると、2013年12月時点で、スマートフォン利用者数(契約数):5328万件に対し、従来型携帯電話(ガラケー)利用者数(契約数):6658万件。日本国内の約6割がガラケー利用者ということがわかりました。ガラケー利用者が多いにも関わらず、キャリアショップから発売される携帯電話は、ここ数年スマートフォン一色で、2013年夏モデルではついにガラケーの新機種発売が見送られました。その後、2013年冬2014年春モデルでは数機種発売されましたが、少ない状況は変わりません。ガラケー利用者はキャリアショップで新しいガラケーを購入することができず、スマートフォンを使う選択をせざるをえない状況に陥っています。

そこで、実際に操作性や製品の仕様を確認して購入できる当社調べで日本初の中古ガラケー専門店(店名:携帯市場)を6月9日開店しました。ガラケー利用者の中でも数の多いサラリーマンにターゲットを絞り、2002年に発売されたガラケーから最新の機種まで幅広いラインナップを揃え、在庫1000台以上揃えた大型店舗になっています。

当店で購入されたガ ラケーは、ご利用されているガラケー内に入 っているSIMカード(電話番号や契約者情報が 記載されているICチップ)を入れ替えるだけで、通常の使用ができます。

SIMカードの種類や購入される機種と契約されている料金プランによってはキャリアショップにて手続きが必要な場合があります。


【会社概要】
株式会社携帯市場
代表取締役 粟津浜一
東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場
広報担当:木村

TEL:03-3526-2755 FAX:03-3526-2756

東京都神田の店舗で受け取れる新サービス『店舗受取サービス』を3月12日(月)より開始

中古携帯電話のコンサルティング事業と流通業を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)が運営する中古携帯電話販売のサイト「中古携帯携帯市場:http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/」にて、店舗で受け取れる新サービス『店舗受取サービス』を3月12日(月)より開始しました。

携帯電話本体代金の高騰や割賦支払いの結果、携帯電話本体をショップで買うより安く(割引率最大90%)購入できる「中古携帯電話」が注目を浴びてきています。

中古携帯電話がなぜショップで買うより安くなるのか?

それは、名前の通り、「中古」だからです。
古着や中古家電のように一度使われた携帯電話を買取し、その後動作確認、個人情報消去及びクリーニングをすることで、再販するわけです。

中古携帯電話は以下のような方が購入されています。

(1)携帯電話を安く買いたい人

(2)分割払いで買いたくない人

(3)故障・水濡れしてしまった人

(3)のお客様の場合、ショップだと多額な修理料金がかかってしまいますが、中古携帯なら安く買えるというメリットがありますが、その反面一刻も早く携帯電話を手に入れたい というニーズがあります。

これまで、当社では中古携帯電話の販売は主にネットショップで行ってきましたが、
上記のニーズにお答えするため、東京都神田の店舗にてネットショップで注文した商品を受け取り出来る新サービス『店舗受取サービス』を3月12日(月)より開始しました。

サービス名:『店舗受取サービス』

サイト:中古携帯携帯市場
URL:http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
受取可能日時:平日11:00~18:00 ※土日祝は不可

これにより(3)のお客様でのすぐ購入できるようになるため、売上UPが見込まれています。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.ktib.net
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 有田 共見
■E-Mail info@award-s.com

【中古携帯電話買取販売サイト『中古携帯携帯市場』2月8日(水)リニューアルオープン】

中古携帯電話のコンサルティング事業と流通業を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)の運営する中古携帯電話買取販売サイト『中古携帯携帯市場 http://www.ktib.net/』が2月8日(水)にリニューアルオープンします。

携帯電話って昔は0円だったのに今はなんでこんなに高いのかな?・・・
と思われる方も多いと思いますが、なぜ携帯電話端末代金が高くなったのかご存知でしょうか?

実は、総務省が2008年キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に対して端末代金を適正にして通話料金を下げるように指摘したのが理由です。
その結果、現在のように端末代金0円がなくなり、10万円を超えるような金額になったわけです。

そこで、少しでも携帯電話本体を安く買いたい!!というニーズが出始め、
携帯電話本体をショップで買うより安く(割引率最大90%)購入できる「中古携帯電話」が注目を浴びてきています。

そのような環境の中、中古携帯電話のコンサルティング事業と流通業を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2月8日(水)に運営する中古携帯電話買取販売サイト『中古携帯携帯市場 http://www.ktib.net/』のリニューアルオープンを行います。

リニューアル内容は、
(1)入荷した商品が一目瞭然
(2)お客様の視点に立ったカテゴリ設定
(3)中古携帯の説明ページ
です。

中古携帯の魅力を発信できるようなサイトを目指して日々運営しています。


【会社概要】
■会社名 株式会社携帯市場
■代表者 代表取締役 粟津浜一
■創業 2008年1月
■設立 2009年1月
■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F
■URL https://keitaiichiba.co.jp/
■販売サイト
http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/
http://www.ktib.net
【本件に関するお問い合わせ】
■株式会社携帯市場
■担当者 有田 共見
■E-Mail info@award-s.com

【全国どこでも翌日受取できる新サービスを1月20日(金)より開始】

中古携帯電話のコンサルティング事業と流通業を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)が運営する中古携帯電話販売のサイト「中古携帯携帯市場:http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/」にて、全国どこでもご注文日もしくはご入金日の翌日に配送する新サービスを1月20日(金)より開始します。

電話本体代金の高騰や割賦支払いの結果、携帯電話本体をショップで買うより安く(割引率最大90%)購入できる「中古携帯電話」が注目を浴びてきています。

中古携帯電話がなぜショップで買うより安くなるのか?

それは、名前の通り、「中古」だからです。

古着や中古家電のように一度使われた携帯電話を買取し、その後動作確認、個人情報消去及びクリーニングをすることで、再販するわけです。

中古携帯電話は以下のような方が購入されています。

      1. 携帯電話を安く買いたい人
      1. 故障・水濡れしてしまった人

現在では、中古携帯電話の販売は主にネットショップされています。

ネットショップは実店舗と違い、購入してもお客様の手元に届くまでに時間がかかり、すぐ使いたいお客様を逃してしまっていました。また、当店にも多数のそのような要望を頂いていました。

そこで、弊社では、ご注文(もしくはご入金)後、全国どこでもお客様が翌日受取できるという画期的な新サービスを中古携帯販売サイト:中古携帯携帯市場(http://www.rakuten.co.jp/kamaya-awards/)にて1月20日(金)より開始します。

このサービスによって、沖縄の方も北海道の方も九州の方も翌日に商品を受取ができるようになり、すぐ欲しいすぐ使いたいというお客様のニーズを満足させられることができます。


    • 【会社概要】

 

    • ■会社名 株式会社携帯市場

 

    • ■代表者 代表取締役 粟津浜一

 

    • ■創業 2008年1月

 

    • ■設立 2009年1月

 

    • ■本社 東京都千代田区岩本町1-8-2 ニューセンチュリービル3F

 

    • ■URL https://keitaiichiba.co.jp/

 

    • ■販売サイト http://item.rakuten.co.jp/kamaya-awards

 

    • 【本件に関するお問い合わせ】

 

    • ■株式会社携帯市場

 

    • ■担当者 有田 共見

 

    • ■E-Mail info@award-s.com