新製品

【プレスリリース】携帯市場 IoT企業NetCONNECT社と協業。中古スマホを騒音検知としてシェアリングスペース運営自動化ソリューションサービス「スマートスペースソリューション」へ提供開始

携帯市場は、IoTサービス企画/構築のNetCONNECT株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:徳永隆也)がサービス提供する運営自動化ソリューションサービス「スマートスペースソリューション」に中古スマートフォンの提供を開始したことをお知らせします。本ソリューションは、コロナ禍でのシェアリングスペースの環境保全を目的としたシェアリングスペース向けの設備オンオフ、換気、騒音対策などをワンパッケージにしたソリューションで運営を自動化。シェアリング業界初(※1)の試みであり、中古スマートフォンを利活用することでコスト削減にも貢献します。

⇒NetCONNECTが提供する「スマートスペースソリューション」について

「スマートスペースソリューション」とは、既存の設備(スイッチ、換気など)に対してNetCONNECTが提供するIoT装置を接続し、Googleカレンダーと連動、利用時間に合わせた照明・空調全てを制御するシステム化されたソリューションです。シェアリングスペースに設置された中古スマートフォンは、タッチパネルとしての利用のほか、NetCONNECTが独自開発した騒音検知アプリケーションをインストールすることである一定の騒音が検知されると管理者へアラートを送信する役割を持っています。

2020年7月現在、プライベートジムシェアリングサービス「THE PERSON(stadiums株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大石裕明)」の恵比寿エリアの1店舗にて実証実験をスタートしており、順次拡大する予定です。

中古スマートフォンを利活用した「スマートスペースソリューション」

中古スマートフォンを利活用した「スマートスペースソリューション」

「スマートスペースソリューション」タッチパネルの画面

「スマートスペースソリューション」タッチパネルの画面

実証実験での「スマートスペースソリューション」筐体イメージ

実証実験での「スマートスペースソリューション」筐体イメージ

■新サービス「スマートスペースソリューション」の主な内容(2020年6月10日時点)
目的:
1)コロナ禍における、安価かつ平易な環境保全システム
2)シェアリングスペースの管理省力化(メンテナンスにも人とのかかわりを極力減らす)

内容:
1)Googleカレンダーに入力された予約スケジュールと連携した 照明、エアコンの自動オンオフ
2)騒音計と連動した騒音の見える化、自動通知システム
3) CO2濃度、予約スケジュールとの連動による自動換気システム(既存換気扇の自動操作)

ポイント:
1)業界初のシェアリングスペース向け照明空調制御、換気、騒音対策のワンパッケージソリューション。
2) センシング(検知)とオペレーション(操作)を一体化筐体で実現。設置工事等、導入障壁を低減化。
3)システムはクラウド上、電力はコンセント給電となるため、設置メンテナンスでの休業は必要ない。
4)中古スマートフォンを騒音計、IoTコンソールシステムとして採用(騒音計としては業界初)

想定顧客:
シェアリングジム、シェアリングスペース全般、パーティスペース、ホテル、テナントビル
その他、人が集まる共用スペース(施設)

⇒NetCONNECTが提供する「スマートスペースソリューション」について

スマホ画面割れによる経済損失を防ぎ、買取価格向上を目指すガラスコーティング 硬度10H「割れずケータイ」サービスを6月12日より開始 最新ナノ化技術(超微粒子)によりガラス溶液が分子レベルで器材に浸透 ―もし割れた場合、3か月間限定で、「iPhone無償修理」も受付―

スマホ画面割れによる経済損失を防ぎ、買取価格向上を目指すガラスコーティング
硬度10H「割れずケータイ」サービスを6月12日より開始
最新ナノ化技術(超微粒子)によりガラス溶液が分子レベルで器材に浸透
―もし割れた場合、3か月間限定で、「iPhone無償修理」も受付―
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2018年6月12日より、様々な製品や材料等について試験、測定、分析等を行う地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)で鉛筆硬度9H以上(10H)と検証されたガラスコーティング剤「PGP」を、ガラケーやスマートフォン等に塗布する「割れずケータイ」サービスを開始します。携帯市場神田店にてテスト販売をし、約3ヵ月の検証後、携帯市場の他3店舗、オンラインにて販売します。
■“画面が割れたら高く売れない”ので、“割れにくい”コーティングサービスを開始
2017年7月に株式会社ゲオホールディングスが発表した「画面割れによる経済損失」調査によると、経済損失額は1382億1250万円という金額で修理市場の大きさが伺える反面、消費者にとっても大きな負担です。さらに、多少の傷で買取査定額が低下することは、買取市場にとってもマイナスイメージに繋がります。携帯市場は、この度、10Hのガラスコーティング剤「PGP」を開発したAlchemy Invents inc(本社:アメリカ カルフォルニア州)の協力を受け、携帯業界では最高レベルのガラスコーティングの塗布サービスを提供することになりました。塗膜の硬さを調べるための代表的な試験で、塗膜の品質・性質を評価する引っかき硬度(鉛筆硬度)を都産技研にて調べたところ「9H以上」と診断されました。これは、一般的にガラスコーティングの限界と言わるレベル(液体単体)の9Hを超える数値であり、市販されるスマートフォン画面フィルム(9H)等よりも硬度が高いです。
 

鉛筆硬度試験の画像

鉛筆硬度試験の画像


 
■施工料金は1台5000円(税別)。3ヶ月限定、割れたらiPhone無償修理キャンペーンも同時開催
10Hコーティングをする「割れずケータイ」サービスは、1台の施工に5000円(税別)、施工キッドの購入も可能で4500円(税別)で提供します。また、携帯市場神田店(東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F)にて、「割れずケータイ」を実施後、3か月以内で画面が割れてしまった場合に限り、iPhone無償修理(画面パネルのみ)を致します。ただし、画面割れによる動作不良等については対象外です。
〇その他のキャンペーン対象外について
iPhoneXとAndroid端末が対象外/改造、調整、部品交換等をされた場合/故意による破損、破壊が生じている場合/キャンペーン対象機種以外の場合/コーティング証明書のご提示がない場合
10Hコーティング証明書を発行 証明書提示にて、無償修理を受付

10Hコーティング証明書を発行
証明書提示にて、無償修理を受付


 

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 カインズ上里本庄店/埼玉県児玉郡上里町大字神保原町字北稲塚1845カインズ上里本庄店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。

これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。