携帯市場のプレスリリース

2017年11月

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身 「エコフォンツリー」点灯式を開催!

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身
「エコフォンツリー」点灯式を開催!
まだ現役!輝度が高い N906iu や音が懐かしい P900i など合計 50 機種
12 月 7 日「クリスマスツリーの日」より、携帯市場 神田本店にて

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12 月 7 日(木)17 時より、中古ガラケー・フィーチャーフォン専門の旗艦店「携帯市場 神田本店」にて、中古ガラケー50 機種によるクリスマスツリー「エコフォンツリー」を設置し、点灯式を開催します。

携帯市場神田店「エコフォンツリー」とは、携帯市場が所有する中古ガラケーで、輝度、音(目覚まし音)が特徴的な機種を厳選し装飾したクリスマスツリーです。点灯式では、タイマーセットによる 50 機種の中古ガラケーが一斉に鳴り響き、個性ある光を放ちます。会場となる「携帯市場 神田本店」は、11 月 15 日(水)にオープンし、常時 400 台以上を保有する中古ガラケー専門店であり、バッテリー持ちが良い、通話優先、最近では、子供向けにはスマートフォンより安全だという観点から、比較的安価で購入できる中古ガラケーが再注目されています。

【株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント】

「スマートフォンとは異なり、ガラケーには形や大きさ、色など様々な個性があります。中古でもまだ使え
る現役の機種は約 600 機種とスマートフォンより豊富です。エコな携帯“ガラケー”をアピールするために、
クリスマスイルミネーションとしても、音としても、個性あふれる 50 機種を用意しました。」

「エコフォンツリー」点灯式について

場所:携帯市場 神田本店/〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-22-2 エム・ワイビル1F
時間:12 月 7 日(木)17:00~18:00(受付:16:30~)
進行:ご挨拶・取組みの経緯について / 携帯市場 代表取締役 粟津浜一
点灯式開始 / タイマーセットによる目覚まし時計

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

「携帯市場 神田本店」リニューアルオープンを記念して、中古ガラケー・フィーチャーフォン、10月度の販売・買取ランキングを発表!

「携帯市場 神田本店」リニューアルオープンを記念して、中古ガラケー・フィーチャーフォン、10月度の販売・買取ランキングを発表!

販売トップはP-01G、買取はP-01H パナソニック製(docomo)が売買ともに1、2位を獲得、バッテリー長持ちが人気

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォン専門の旗艦店「携帯市場 神田本店」のリニューアルオープン(2017年11月15日)を記念して、10月度の販売・買取ランキングを発表します。本ランキングは、10月1日から31日まで、携帯市場が運営するショップ2店舗、ウェブサイト(注1)における売買の数量により集計しています。

10月度販売ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01G

パナソニック

2014/11/7

2

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

3

docomo

SH-05A

シャープ

2009/6/11

4

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

5

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

6

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

7

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

8

SoftBank

105SH PANTONE 4

シャープ

2012/3/9

9

docomo

SH-03E

シャープ

2012/12/14

10

SoftBank

001SH PANTONE3

シャープ

2010/11/3

10月度買取ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

製造メーカー

発売日

1

docomo

P-01H

パナソニック

2015/11/27

2

docomo

P-01F

パナソニック

2013/10/25

3

SoftBank

202SH PANTONE WATERPROOF

シャープ

2013/1/25

4

au

GRATINA2 KYY10

京セラ

2015/2/6

5

au

GRATINA KYY06

京セラ

2013/9/14

6

SoftBank

103P COLOR LIFE3

パナソニック

2012/7/7

7

docomo

らくらくホンベーシック4 F-01G

富士通

2014/10/4

8

docomo

F-10B

富士通

2010/8/31

9

docomo

F-01E

富士通

2012/11/10

10

SoftBank

840P

パナソニック

2009/12/11

(注1)店舗拠点、ウェブサイトは、こちら(http://keitaiichiba.co.jp/)よりご覧ください。

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

10月度の販売ランキングは、トップ10docomo6機種、Softbank4機種でした。買取ランキングは、docomo5機種、au2機種、Softbank3機種でした。販売においては、中古ということもあり、パナソニック製(docomo)を中心としたバッテリーが長持ちする機種が好まれる傾向にあります。買取においては、パナソニック製(docomo)が上位を占めるものの、シャープ製(Softbank)の「防水・防塵対応」は根強い人気で、高価買取しています。最近では、キャリアがガラケーの下取りを積極的に行っていないことから、特に、法人からの一括大量買取が増加しています。」

ガラケー総合専門店「携帯市場 神田本店」について

1115日より、中古ガラケー・フィーチャーフォンの旗艦店として、端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、また、購入後のアフターサービスまでを一貫して行う専門店としてオープン。1996KENWOODPH951のガラケーや2008年から日本で発売されたiPhone3Gなどの携帯電話の歴史が味わえる展示物もある。

 

携帯市場神田店

携帯市場神田店 店内

住所:〒101-0041東京都千代田区神田須田町1222

エム・ワイビル1F

TEL03-6260-9170

営業時間:1100 – 2000※最終受付は1900

定休日:土・日・祝日

売り場坪数:8

取扱商品:常時約400台のガラケー・フィーチャーフォン本体/電池パック/ネックストラップ、

フィルム、ストラップなどのアクセサリー等

<「携帯市場 神田本店」オープニングキャンペーンについて>

「携帯市場 神田本店」限定により、NTTドコモ、パナソニック製「P-01F」(ブラック)の中古端末を、通常価格より2000円オフの2,980円(税別、通常価格4,980円)で提供いたします。詳しくは、店頭にてご確認下さい(在庫無くなり次第終了)。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場

代表者:代表取締役 粟津浜一

創業:20081

住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F

事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート

従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

197912月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。

「携帯市場 神田本店」がリニューアル

20年前のヴィンテージガラケーから、10年前のiPhone3Gも展示
中古ガラケー常時400台以上、ガラケーの総合専門として初の旗艦店

格安スマホとの2台持ちやシニア買い替え利用増を受け、11月15日より

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、11 月 3 日に発売される iPhone X を記念して、携帯市場が運営する中古携帯の買取サイト「携帯電話買取.com」、「スマートフォン買取.jp」や中古携帯販売店「携帯市場」 3 店舗にて、11 月 3 日(金)から 11 月 30 日(木)までの期間、iPhone 8、iPhone 7Plus、iPhone 7 の 3 機種が通常買取価格より 10,000 円アップするキャンペーンを実施します。

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、11月15日より、ガラケー総合専門店として「携帯市場 神田本店」をリニューアルオープンします。今までは、スマートフォンの買取・販売やiPhone修理も行っていましたが、このたび、中古ガラケー・フィーチャーフォンの旗艦店としてリニューアルし、端末の買取・販売、アクセサリー関連の販売、また、購入後のアフターサービスまでを一貫して行う専門店をオープンします。1996年KENWOOD製PH951のガラケーや2008年から日本で発売されたiPhone3Gなどの携帯電話の歴史が味わえる展示もあり、携帯電話ファンにとっても楽しめる店舗です。

「総務省が発表した「平成28年情報通信白書」によると、60歳以上のスマートフォン普及率は35%、ガラケーの所有率は62%と、ガラケーに関しては、主要先進国に比べても高いままです。ガラケーユーザーは年々減っていますが、それでもまだ約3000万人の利用者が国内にいます。理由は、通話がしやすい、電池の消耗が少ない、軽い、インターネットにつながなくてもいい、通話料が安いなど、スマートフォンにない特長があること。最近では、ビジネスマンの方がまとめて購入し、シニアの方も買い替えで利用が増えています。スマートフォンが台頭し、ガラケーを気軽に買える環境が減っている背景や、最近では、格安SIMを利用したスマートフォンと2台持ちするガラケーユーザーも増えたことから、沢山のラインナップから手に取って品質を確認し、購入後のデータ移行も相談できる場所が必要だと考え、ガラケー専門店を立ち上げました。」(株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント)

当社携帯市場は、MVNO市場や中古携帯市場の活性化を目指すため、一定のビジネスシーンやシニア層の利用に多いガラケーの専門店を今後も出店を増やし、潜在需要を掘り起こす考えです。

携帯市場神田店リニューアル

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社携帯市場 広報担当:佐野
TEL:03-3526-2755 070-2194-3990
メールアドレス:keitaiichiba@keitaiichiba.co.jp

株式会社携帯市場について

ガラケー総合専門店「携帯市場 神田本店」について

住所:〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
TEL:03-6260-9170
営業時間:11:00 – 20:00※最終受付は19:00迄
定休日:土・日・祝日
売り場坪数:8坪
取扱商品:常時約400台のガラケー・フィーチャーフォン本体/電池パック/ネックストラップ、フィルム、ストラップなどのアクセサリー等

「携帯市場 神田本店」の特徴

【歴史コーナーを設置】
20年前のガラケーが年代別で数台展示。iPhoneX発売を記念して、10年前に発売されたiPhone3Gや、iPhone3GSなども展示してあり、自分がお使いのガラケーの歴史やiPhone発売による変遷の歴史を知る事ができます。

【用途別にコーナー化】
メーカー別、年代別だけに関わらず、通話しやすい、電池が持ちやすい、写真がキレイ(画素数が多い)などの用途別にコーナーを準備します。

【中古携帯お取り寄せサービス】
ユーザーが探しているガラケーが見つからない場合、お取り寄せするサービス。当社の専用倉庫より在庫確認をし、見つかった場合は、店頭、または、ユーザーのご指定場所へ郵送します。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。