携帯市場のプレスリリース

ガラケーからガラケーへの乗り換えで、“想い出資産”を無償で抽出、提供 「想い出フォン」サービスを開始 ガラケー専門店「携帯市場 神田本店」限定、2月8日より

ガラケーからガラケーへの乗り換えで、“想い出資産”を無償で抽出、提供
「想い出フォン」サービスを開始
ガラケー専門店「携帯市場 神田本店」限定、2月8日より

想い出フォン

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績130万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一、以下「携帯市場」)は、2月8日(木)より、「携帯市場」が運営する中古ガラケーの専門店「携帯市場 神田本店」限定で、不要になったガラケーの下取り、中古ガラケーへ乗り換えすると、内部に保存された写真・画像等のデータを抽出したオリジナル媒体(CDロム)を無償提供する「想い出フォン」サービスを開始します。

MM総研調べによる「中古携帯電話端末の利用実態と市場規模に関する調査結果」(2017年10月)によると、1億7607万台にのぼり、うち、ガラケー(フィーチャーフォン)が最も多く、1億870台という試算となりました。この1億台以上にのぼるガラケー埋蔵データは、アドレス帳、SMSメール送受信履歴、写真画像、メモ帳などで、中でも、“写真・画像”は、お金には代えられない“資産”だと考えています。

「携帯市場」が提供するサービス「想い出フォン」サービスは、不要となったガラケーの資産を“想い出”として価値転換を図るために、下取り・買い替え時に“写真・画像”等のデータをオリジナルアルバム(CDロム)に記録して無償提供するサービスです。オリジナルアルバムの表紙のデザインテンプレートは3種類で、今まで使用していたガラケーの写真がプリントされ“想い出資産”として保存可能になります。
なお、「想い出フォン」サービスは、データ抽出・提供のみも可能で、その場合の料金は1000円(税別)で、USBメモリを希望される場合は2000円(税別)になります。

【「想い出フォン」サービス開始記念キャンペーン】

このたび、サービス開始にともない、「携帯市場 神田本店」限定、ガラケー本体3000円(税別)以上をご購入いただいた方に全員に、300円分のQUOカードをプレゼントするキャンペーンも同時開催します。
日時:2018年2月8日(木)~2月28日(水)
場所:携帯市場 神田本店/〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
営業時間:11:00 – 19:00※最終受付は18:30迄
定休日:日・祝日

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社携帯市場 広報担当:佐野 TEL:03-3526-2755 070-2194-3990
メールアドレス:press@keitaiichiba.co.jp

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009 年 1 月
本社所在地:東京都千代田区神田富山町 1-2 TKK ビル 6F
商品化センター:岐阜県羽島市舟橋町出須賀 1 丁目 27
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55 名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979 年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科 2004 年卒業。在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009 年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに 1,000 以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。