携帯市場のプレスリリース

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身 「エコフォンツリー」点灯式を開催!

再注目の中古ガラケーが、クリスマスツリーに変身
「エコフォンツリー」点灯式を開催!
まだ現役!輝度が高い N906iu や音が懐かしい P900i など合計 50 機種
12 月 7 日「クリスマスツリーの日」より、携帯市場 神田本店にて

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12 月 7 日(木)17 時より、中古ガラケー・フィーチャーフォン専門の旗艦店「携帯市場 神田本店」にて、中古ガラケー50 機種によるクリスマスツリー「エコフォンツリー」を設置し、点灯式を開催します。

携帯市場神田店「エコフォンツリー」とは、携帯市場が所有する中古ガラケーで、輝度、音(目覚まし音)が特徴的な機種を厳選し装飾したクリスマスツリーです。点灯式では、タイマーセットによる 50 機種の中古ガラケーが一斉に鳴り響き、個性ある光を放ちます。会場となる「携帯市場 神田本店」は、11 月 15 日(水)にオープンし、常時 400 台以上を保有する中古ガラケー専門店であり、バッテリー持ちが良い、通話優先、最近では、子供向けにはスマートフォンより安全だという観点から、比較的安価で購入できる中古ガラケーが再注目されています。

【株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント】

「スマートフォンとは異なり、ガラケーには形や大きさ、色など様々な個性があります。中古でもまだ使え
る現役の機種は約 600 機種とスマートフォンより豊富です。エコな携帯“ガラケー”をアピールするために、
クリスマスイルミネーションとしても、音としても、個性あふれる 50 機種を用意しました。」

「エコフォンツリー」点灯式について

場所:携帯市場 神田本店/〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1-22-2 エム・ワイビル1F
時間:12 月 7 日(木)17:00~18:00(受付:16:30~)
進行:ご挨拶・取組みの経緯について / 携帯市場 代表取締役 粟津浜一
点灯式開始 / タイマーセットによる目覚まし時計

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田富山町1-2 TKKビル6F
事業内容:中古携帯電話の売買 修理事業、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:55名(パートアルバイトも含む)

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。