【メディア掲載】みんなのスマホの取り組みがエシカルメディア「ETHICAL CHOICE(エシカルチョイス)」に掲載されました。

携帯市場が2020年9月よりスタートしたiPhone、iPad、android端末(スマートフォンやタブレット)の月額料金を格安でレンタル出来る、使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」の取り組みがエシカルメディア「ETHICAL CHOICE(エシカルチョイス)」に掲載されました。持続可能な社会の実現目標(SDG’s)に向けて取り組む企業や活動にフォーカスする「ETHICAL CHOICE(エシカルチョイス)」は、「適正な携帯電話を適正な価格で適正な人へ提供する」「デジタル難民、デジタル格差を無くす」といった「みんなのスマホ」が掲げるビジョン・考えに共感いただき、この度取材となりました。

ETHICAL CHOICE エシカルチョイス―みんなのスマホ

 

⇒デジタル格差をゼロに。『みんなのスマホ』が始めるサブスクリプションと見据える世界とは?

当社が始めたレンタススマホ、使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」は、社会の変化に合わせて誕生したサービスです。2020年世界中を襲った新型コロナウイルス。新型コロナウイルスが生活を一変させ、新しい生活様式を半ば強制的に強いられるようになりました。経済も大きく変化し、時には停滞している状況も続く中で、消費者の財布の紐も固く、コスト意識は今後も続くとみています。

そういった背景も踏まえ「中古携帯業界が、社会に貢献できることは何か」と考えたアウトプットの一つとして、適正価格で状態の良い携帯電話を”貸し出す”、”レンタルする”ことでした。

「中古スマホって大丈夫なの?」

「当社や中古携帯業界全体が抱える、中古携帯に対する”負”のイメージは、適正価格で中古携帯電話をまずは使ってもらうことで払しょくできると考えたのです。その”レンタル体験”を通じて、中古携帯電話の良さを知り、中古携帯の価値があがることが、持続可能な社会の実現への第一歩だと、我々は考えています」(携帯市場代表・粟津浜一)

中古スマホの利活用や再使用、そして、不要となった端末を回収して新しい端末へ交換する取り組み「カエルプロジェクト」など、我々はこれからも持続可能な社会の実現に向けて積極的に取り組んでまいります。