お知らせ

【お知らせ】株式会社携帯市場は、2021年3月21日以降もテレワークを継続します。

日本政府より一都三県に発令された2度目となる緊急事態宣言が2021年3月21日に解除されることになりました。株式会社携帯市場は、2020年4月から発令された緊急事態宣言以降、テレワークを継続的に進めておりましたが、この度解除された以降もテレワークを継続することに決定しました。

【携帯市場 テレワーク期間中のお問合せ】

お問合せに関しては、代表メールアドレス、もしくは、代表電話03-3526-2755へお願いします。また弊社各担当の携帯番号、またメールアドレスをご存じのお客様におかれましては、直接お問合せいただきますようお願い申し上げます。

携帯市場のテレワークに関する今後の変更点、または方針につきましても、携帯市場ホームページのニュースにてお知らせします。

【お知らせ】スマホ・タブレットレンタル「みんなのスマホ」が横浜市立鴨居中学校に導入されました。

株式会社携帯市場が2020年10月からサービス開始をしたサブスクリプションによるスマホ・タブレットのレンタルサービス、使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」は導入から半年が経って500台を超えるスマートフォン、タブレットのレンタルを行っています。基本は、個人向けとして、一人に1台のレンタルではありますが、法人からのお問合せも多くなりました。このたび、横浜にある中学校、横浜市立鴨居中学校に弊社のタブレット(iPad)が長期レンタルされましたのでお知らせします。

横浜市立鴨居中学校に導入されたみんなのスマホ iPad

横浜市立鴨居中学校に導入されたみんなのスマホ iPad

横浜市立鴨居中学校は、横浜市の中でも横浜市の情報教育実践推進校に指定されており、学校のICT支援をすることを目的として、民間からICT支援員がいる環境で、先進的にICTを導入してきた学校と言えます。

2021年4月より全国規模で小中学校のICT支援、GIGA構想が実現する事になりました。生徒一人ひとりにタブレット(iPad、もしくは、chromebook)が配られる環境が整うことは大きな進歩ですが、同時に学校側、先生側の端末不足はまだ解消されていないようです。

このたび、横浜市立鴨居中学校の校長をつとめる齋藤浩司校長にお話しを伺いました。こちらをご覧ください。

⇒【みんなのスマホ導入事例】横浜市立鴨居中学校 齋藤浩司校長インタビュー

【重要なお知らせ】当社の商品を無断で取り扱う詐欺サイトにご注意ください。

この度は重要なお知らせです。株式会社携帯市場が運営する通販サイトから情報を無断で掲載し、当社が感知しない通販サイトを運営している事業が見受けられました。当社とは一切関係がない事業者であり、詐欺サイトの可能性もございますので、アクセスをしないようお願いします。

当社のサービスを無断で掲載し詐欺サイトと疑いがあるサービス:
https://carehoter.com/

今後とも株式会社携帯市場を何卒宜しくお願い致します。

【お知らせ】政府、モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プランを公表、中古端末流通の活性化を目指す方針

総務大臣・武田良太総務相は、2020年10月27日に会見を開き、モバイル市場の公正な競争環境整備に向けたアクションプランを公表しました。具体的な取り組みとして3つの柱を立て、[第1の柱]として「分かりやすく、納得感のある料金・サービスの実現」を掲げています。「利用者の理解を助ける」ことを目的に、1.改正事業法の着実な執行(通信料金・端末代金の完全分離)【本年秋に指針改正】、2.誤解を与える表記の是正(「頭金」問題等)【年度内に調査し、是正】、3.消費者の一層の理解促進(ポータルサイト構築)【年内に構築、順次拡充】とし4つ目として、当社も取り組む「中古端末を含めた端末流通市場の活性化」をアクションプランのひとつとして掲げておりました。新型コロナウイルスによる影響により、生活者の固定費への負担は、今後も重くのしかかる一方です。中古端末業界としましても、一般社団法人リユースモバイルジャパンを中心に、安全性、信頼性を高め、”利用者の理解が得られるように”各社企業努力を行っている状況ではありますが、日本国内における中古端末の利用率は未だに5%程度という状況です(中古車の市場は17%程度、中古パソコンにおいては22%を超える)。当社、携帯市場は引き続き、国内での中古端末流通に力を注ぎ、利用者の理解を高め、利用に繋がるような仕組みづくりを今後も強化してまいります。

⇒モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン[概要]

⇒一般社団法人リユースモバイルジャパンについて

【お知らせ】代表・粟津浜一が、独立行政法人国民生活センターが発行する機関誌「国民生活」に「中古端末(リユースモバイル)市場のこれから」と題して執筆協力しました。

株式会社携帯市場代表、粟津浜一が理事長を務める一般社団法人リユースモバイル・ジャパンが、独立行政法人国民生活センターの機関誌「国民生活10月号」(2020年10月号【No.98】(2020年10月15日発行))において執筆協力をしたことをお知らせします。タイトルは消費者問題アラカルトのコーナー「中古端末(リユースモバイル)市場のこれから」という題目です。

⇒独立行政法人国民生活センター 機関誌「国民生活」について

⇒消費者問題アラカルト「中古端末(リユースモバイル)市場のこれから」について

中古端末を取り巻く昨今の状況から、中古端末販売業者の取り組み、そして中古端末を購入する際に知っておいた方が良い内容について細かく説明しております。

是非ご覧ください。

【お知らせ】携帯市場代表・粟津浜一がReuse×Tech Conference for 2021に登壇します。

来る2020年10月21日(火)、21日(水)の2日間でオンラインにて開催される、リサイクル通信主催「Reuse×Tech Conference for 2021」に携帯市場代表・粟津浜一が登壇(10月21日)することが決定しましたのでお知らせします。

Reuse × Tech Conference for 2021「テクノロジーで変わるリユース市場の未来を語ろう」

Reuse × Tech Conference for 2021とは、リユース企業のテクノロジー活用やEC販売等を応援するイベントとして、リユース業界誌リサイクル通信が主催するイベントです。今年で2回目を迎えるこの会は、新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインによる2日間にわたって開催されることになりました。

「これからのリユース業界を活性化させる上で、テクノロジーの活用は不可欠と考えられます。最先端を走る企業による講演やサービスの紹介を通して、参加者の方と活用の方向性を探っていきます」(リサイクル通信担当者コメント)と煽る通り、コロナ禍におけるテクノロジーは昨今のDX(デジタルトランスフォーメーション)でもささやかれる通り、重要性を増し必要不可欠となりつつあります。

弊社代表の粟津浜一は、テーマ「コロナで需要急増の「宅配買取」、課題と進化の方向性について語ろう」にて登壇、当日はブックオフコーポレーション株式会社 ECセンターサービス企画部 EC企画推進チームチーム長の瀧井翔太氏、楽天株式会社 リユース・レンタルグループマネージャーの重田紘範氏をゲストに迎えトークセッションを行います。日程は2020年10月21日の11時(約50分)より、【会場A】による実施です。

名称 Reuse×Tech Conference for 2021
開催日時 10月20日(火)、21日(水)10:30-18:00
開催場所 オンライン(EventHub内公式会場)
参加条件 有料・入場料制(要事前申し込み)
定員 800名(申込先着順)
視聴方法 EventHub内のオンライン会場にて入場チケットを購入、セッション登録、WEB視聴が行えます。なお、EventHubは、パソコン、スマホ等のブラウザ上でご視聴いただけます。アプリ等のインストールは不要です。
主催 リサイクル通信
特別協賛企業一覧(順不同)
楽天株式会社、イーベイ・ジャパン株式会社、株式会社NOVASTO、ウリドキ株式会社
後援企業一覧(順不同)
一般社団法人日本リユース業協会(JRAA)、一般社団法人ジャパン・リサイクル・アソシエーション(JRCA)、一般社団法人日本リユース機構(JRO)、一般社団法人日本流通自主管理協会(AACD)、全国質屋組合連合会、一般社団法人全国質屋ブランド品協会(ATF)、一般社団法人情報機器リユース・リサイクル協会(RITEA)、一般社団法人リユースモバイル・ジャパン(RMJ)、一般社団法人日本リユース・リサイクル回収事業者組合(JRRC)、一般社団法人日本什器備品リユース協会(JAFRA)、一般社団法人AND BUYER、一般社団法人日本リ・ジュエリー協議会

ぜひご覧ください。エントリー(有償)はこちら。

Reuse × Tech Conference for 2021「テクノロジーで変わるリユース市場の未来を語ろう」

【お知らせ】携帯市場 モバイル型低濃度オゾン発生器「オゾバリア」取り扱いのお知らせ

携帯市場は、低濃度オゾン発生器「オゾバリア」(製造:エクレール株式会社)の取り扱いを正規販売代理店として提供開始したことをお知らせします。

新型コロナウイルスを切欠として注目される低濃度オゾン。このたび新型コロナウイルス関連による令和2年度1次・2次補正予算の拡充において事業再開枠が設定され、低濃度オゾン発生器も費用補助の対象となりました(最大50万円)。オゾンとは大気中に存在する分子であり、自浄する働きをしているもの。国内では食品添加物としての認可されております。”酸化”によって脱臭・除菌効果が見込める低濃度による”オゾン”は、マスクだけでは対応できない”空気環境”の改善を提供し、プライベートでの利用のみならず、あらゆるビジネスシーンでも活用が見込めます。

携帯市場は、ウィズコロナ時代に向けて中古携帯事業で培った販売ノウハウを活かし、低濃度オゾンのある社会をいち早く築いていく考えです。

オゾバリア

⇒「オゾバリア」を製造するエクレール株式会社はこちら

【お知らせ】神田本店・岐阜羽島本店閉店のご案内

平素より神田本店・岐阜羽島本店をご利用いただきましてありがとうございます。

誠に勝手ながら、携帯市場神田本店・岐阜羽島本店は令和2年5月31日(日)をもちまして閉店することとなりました。

長い間ご愛顧いただきましたこと、スタッフ一同心より御礼申し上げます。

店頭にてご購入いただいた商品の保証等、
これまで当店をご利用いただいておりましたお客様のアフターフォローにつきましては下記お電話・メールにて対応させていただきます。

閉店後のお問い合わせ
お電話:03-3526-2190
メール:f-keitai@keitaiichiba.co.jp
お問い合わせ対応時間:月~金/11:00~18:00

【お知らせ】携帯市場は5月1日付で、一般社団法人携帯端末登録修理協議会(MMR)に加盟しました。

携帯市場は、平成27年5月に施行された、携帯電話の登録修理業者制度の導入に伴い制度の健全な発展を促進している団体、一般社団法人携帯端末登録修理協議会(MMR)へ加盟したことをお知らせします。「ひとりひとりの携帯生活に新たな彩りを」を使命に携帯電話、通信環境に伴う全てのお客様に合わせてサービスを展開しています。このたび修理への取り組みを推進していくことで、新たな携帯サービスを提供していく考えです。

一般社団法人 携帯端末登録修理協議会

一般社団法人携帯端末登録修理協議会(MMR)はこちら

【お知らせ】携帯市場岐阜羽島本店 臨時休業について

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請発令を受け、
携帯市場岐阜羽島本店は下記の通り臨時休業とさせていただきます。

なお、今後の対応内容・期間等につきましては、状況により変更させていただく場合がございます。
今後の変更等の確認は、ホームページにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

大変急な決定となりお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

臨時休業期間
4/18(土)~再開予定未定

店頭で購入されたお客様のお問い合わせについては下記までお願いいたします。
Mail:shop@keitaiichiba.co.jp
LINE:https://lin.ee/Apm10M4

【お知らせ】携帯市場が導入するセキュリティツール「AppGuard Solo」が、ダイヤモンド経営者倶楽部にて、テレワークのセキュリティ対策事例として紹介されました。

株式会社携帯市場は、新型コロナウイルス拡大防止策として、東京都による行動自粛要請に伴い4月6日より、携帯市場東京本社、ならびに携帯市場神田本店はリモートワークを導入しております。そんな中、当社が2019年から導入しているエンドポイントセキュリティツール「AppGuard(アップガード)」の導入事例がダイヤモンド経営者倶楽部のニュースページに掲載されましたのでご報告します。

ダイヤモンド経営者倶楽部 携帯市場 リモートワーク事例

携帯市場が導入するエンドポイントセキュリティツール「AppGuard(アップガード)」とは、株式会社Blue Planet-works(ブループラネットワークス)が提供する米国陸軍の「CoN認証」を取得したセキュリティ製品。昨今問題とされるマルウェア、このマルウェアの発症を防ぐ画期的なセキュリティツールです。ウイルスを感知する以前に、通常と違う動きを感知した際に動作を遮断するもの。「各自宅のネット回線が異なるしセキュリティレベルも異なるので非常にリスクが高い。そのため、リスク回避の会議を行い、共有サーバーアクセス制限かけるなどの準備をしないといけない。しかし、AppGuard Soloならそんなリスクを考える必要がなく、すぐテレワーク導入の意思決定ができた」(携帯市場・粟津浜一コメント)

5G時代に突入する今、当社の事業領域である通信業界、端末業界は、ますますセキュリティ分野を意識・強化していく必要があります。携帯市場では、セキュリティ分野における市場の動きに注目し、企業経営のリスク管理やイノベーションへ繋げていく考えです。

「AppGuard(アップガード)」は、株式会社Blue Planet-works(ブループラネットワークス)の製品です。詳細はこちら。

携帯市場東京本社、神田本店テレワーク導入のお知らせ

新型コロナウイルスの影響による関東を中心とした行動規制を受け、当社携帯市場においても4月6日(月)より無期限にてテレワークを導入します。関係企業、お客様には大変ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

テレワーク期間:2020年4月6日(月)10時より

お問い合わせをいただく場合は、担当へ直接ご連絡頂くか、下記メールアドレスまでお問い合わせいただけますと幸いです。

本社代表問い合わせ:
info(@小文字)keitaiichiba.co.jp

また、弊社で運営しております「携帯市場神田本店」については休業要請を受け、下記の通り休業とさせていただきます。

休業期間
2020/4/4(土)~未定

店舗再開予定については、現時点で未定でございます。 状況に応じて適宜対応してまいります。
今後の変更等の確認は、ホームページにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

なお、当店でご購入いただいた商品の不具合等につきましてはお電話が繋がらないため下記までご連絡をお願い致します。

携帯市場 神田本店へのお問い合わせ: shop(@小文字)keitaiichiba.co.jp

大変急な決定となりお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、携帯市場羽島本店(岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1)商品化センター(岐阜県羽島市舟橋町出須賀1丁目27)は通常通り営業いたしております。

※4/17追記
岐阜羽島本店につきまして今まで通常通り営業いたしておりましたが、
コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請を受け、4/18(土)より臨時休業とさせていただきます。

なお、今後の対応内容・期間等につきましては、状況により変更させていただく場合がございます。
今後の変更等の確認は、ホームページにてご確認くださいますようお願い申し上げます。

大変急な決定となりお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

臨時休業期間
4/18(土)~再開予定未定

携帯市場が運営する楽天市場のEコマースサイト「楽天スマホ生活」が、2020年2月度におけるベストショップ”楽天ショップ・オブ・ザ・マンス”に選出されました。

携帯市場が運営するショッピングモールサイト「楽天市場」での通販サイト「楽天スマホ生活」が、2020年2月度におけるベストショップ”楽天ショップ・オブ・ザ・マンス”に選出されました。
楽天ショップ・オブ・ザ・マンスとは、45,000の数あるショップの中から、お客様による店舗評価などをもとに、成長が特に著しいショップをジャンルごとに選出されるもの。携帯市場は、スマートフォン・タブレット・周辺機器領域での表彰です。楽天市場へ出店して10年、携帯市場としては初めての受賞です。

『いつかはショップオブザマンスを取ろう、いつかはショップオブザイヤーを取ろうと、スタッフと一緒に夢見てきました。今日は、スタッフの頑張りで一つの目標が達成できました。これが今後も継続するようにスタッフ一丸となって頑張っていきたいと思います』(携帯市場代表・粟津浜一)

 

携帯市場 スマホ生活楽天 月間優良ショップ 携帯市場

株式会社 携帯市場のニュース