【お知らせ】携帯市場が導入するセキュリティツール「AppGuard Solo」が、ダイヤモンド経営者倶楽部にて、テレワークのセキュリティ対策事例として紹介されました。

株式会社携帯市場は、新型コロナウイルス拡大防止策として、東京都による行動自粛要請に伴い4月6日より、携帯市場東京本社、ならびに携帯市場神田本店はリモートワークを導入しております。そんな中、当社が2019年から導入しているエンドポイントセキュリティツール「AppGuard(アップガード)」の導入事例がダイヤモンド経営者倶楽部のニュースページに掲載されましたのでご報告します。

ダイヤモンド経営者倶楽部 携帯市場 リモートワーク事例

携帯市場が導入するエンドポイントセキュリティツール「AppGuard(アップガード)」とは、株式会社Blue Planet-works(ブループラネットワークス)が提供する米国陸軍の「CoN認証」を取得したセキュリティ製品。昨今問題とされるマルウェア、このマルウェアの発症を防ぐ画期的なセキュリティツールです。ウイルスを感知する以前に、通常と違う動きを感知した際に動作を遮断するもの。「各自宅のネット回線が異なるしセキュリティレベルも異なるので非常にリスクが高い。そのため、リスク回避の会議を行い、共有サーバーアクセス制限かけるなどの準備をしないといけない。しかし、AppGuard Soloならそんなリスクを考える必要がなく、すぐテレワーク導入の意思決定ができた」(携帯市場・粟津浜一コメント)

5G時代に突入する今、当社の事業領域である通信業界、端末業界は、ますますセキュリティ分野を意識・強化していく必要があります。携帯市場では、セキュリティ分野における市場の動きに注目し、企業経営のリスク管理やイノベーションへ繋げていく考えです。

「AppGuard(アップガード)」は、株式会社Blue Planet-works(ブループラネットワークス)の製品です。詳細はこちら。

株式会社 携帯市場のニュース