【メディア掲載】スマホレンタル・タブレットレンタルの「みんなのスマホ」がリサイクル通信に掲載されました。

携帯市場が2020年11月より本格的にサービスを提供開始した、スマホやタブレットを30日サイクルでサブスクリプションレンタルをする、使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」が、リサイクル通信に掲載されましたのでお知らせします。

使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」は、iPhone、iPadを中心に最低30日の利用で980円税別でレンタルするもの。長期利用などの縛りも一切なく、途中で解約しやすいのも特徴の一つです。主力となる5ラインアップを始め、最近ではiPad(1980円 iPad Air2レンタル 短期/長期)や長期利用者の割引メニューなども登場しています。

みんなのスマホ リサイクル通信に掲載

⇒携帯市場、月額1000円以下でスマホ・タブレットをレンタル

スマホレンタル利用者が100人を超える

開始約2か月でスマホレンタル、タブレットレンタルの利用者数が100名を突破しました。利用者の傾向も様々ではありますが、女性比率が25%と四人に一人が女性という結果となっています。「中古スマホ購入の割合は女性1割。いまだに男性中心のマーケット。しかしレンタルとなると女性の利用者が増えている。女性の心理的にも”1000円以下なら借りてみようかな”という気持ちになるのかもしれない」(携帯市場代表・粟津浜一)。高額なスマートフォン、高額なiPhoneは所有意識が高いものでした。中古iPhoneの利活用として”レンタル”で世に出回ることで、スマホは必要な時に必要な分だけ利用できれば良い、といった所有しない需要が掘り起こされる可能性もありそうです。

⇒使えば使うほどトクをする「みんなのスマホ」

株式会社 携帯市場のニュース