携帯市場のプレスリリース

2018年12月

携帯市場 “ガラケー・スマホ”デジタル終活サービスを全国展開 専門家によるデータ取り出しサービスを開始 “専門家”写真整理アドバイザーを常設、1台取り出し無料キャンペーンも開催

携帯市場 “ガラケー・スマホ”デジタル終活サービスを全国展開
専門家によるデータ取り出しサービスを開始
“専門家”写真整理アドバイザーを常設、1台取り出し無料キャンペーンも開催

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

 

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績150万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、12月20日11時より、ガラケー専門店「携帯市場神田本店」を皮切りに、“専門家”写真整理アドバイザーを常設したガラケー・スマートフォンのデータ取り出しサービスを全国の携帯市場の店舗10拠点で随時開始します。

携帯市場は、11月21日に、日本橋三越本店本館(東京都中央区日本橋)にて携帯電話の写真整理するワークショップイベントを開催しました。40代から60代の女性19名が参加し、自分達でデータを取り出す為の方法を学んでいただきました。スマートフォンが登場して10年間、写真に限らず重要なデータも携帯電話の中に納められたまま、置き去りにされているケースが増えています。イベントに参加した60代の女性は、今利用しているスマートフォン以外にも古い端末のデータも取り出したいと、その機種に合わせたデータの抜き出し方法を熱心に質問されていました。

そのような実績を踏まえ、このたびガラケーから最新のスマートフォンまでデータ取り出しを1台3000円で提供開始します。本サービスは、一般社団法人写真整理協会(※)が推奨する「写真整理アドバイザー」の資格を有し、さらに、デジタル終活の知識から、携帯市場の特徴でもある、機種に合わせた正しいデータ取り出し方法を提案できる専門スタッフが対応します。今後は「写真整理アドバイザー」の資格を持った店舗スタッフを常設し、デジタル終活サービスを全国に広めていく考えです。
(※)一般社団法人写真整理協会は、画像・映像にできるすべてのものについて、その人に合った整理の方法をアドバイス、適切に実施及びサポートできる写真整理アドバイザーの育成を行っています。初級から上級合わせて全国に400名在籍しており、順調に増えています(http://www.photokeep.jp/)。

【ガラケー・スマートフォンのデータ取り出しサービス開始記念、“1台無料”キャンペーン】

写真整理アドバイザーによるデータ取り出しサービスの開始を記念し、12月20日限定で、携帯市場神田本店にて1台無料で取り出すキャンペーンを開催します。
日時:12月20日(木)11:00~19:00(最終受付18:30)
場所:携帯市場神田本店(東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F)
内容:スマホ、ガラケーのデータ取り出しサービス(水濡れ等で電源が入らない場合は不可)
キャンペーン内容:通常価格1台 3,000円(税別)のところ無料。2台目以降は1,000円(税別)
その他:USBメモリ、外部メモリ持ち込み可能(メモリの販売も実施しています)
協力:一般社団法人写真整理協会(http://www.photokeep.jp/)

携帯市場は現在、ガラケー専門店の全国展開を進めており、写真整理アドバイザーを常設、他社との差別化を図り、全国の拠点にて2019年中に月間500件以上の取り扱いを目指します。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 富士店:静岡県富士市永田町1丁目92番地 ifc富士店内
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

携帯市場 大阪府に初めての中古ガラケー販売拠点 「携帯市場 心斎橋店」12月20日オープン 「Smart Labo(スマートラボ)心斎橋」にインショップ

携帯市場 大阪府に初めての中古ガラケー販売拠点
「携帯市場 心斎橋店」12月20日オープン
「Smart Labo(スマートラボ)心斎橋」にインショップ

携帯市場 大阪府に初めての中古ガラケー販売拠点 「携帯市場 心斎橋店」12月20日オープン 「Smart Labo(スマートラボ)心斎橋」にインショップ

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績150万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、11月20日11時より、大阪府・心斎橋にて、中古ガラケーを取り扱う中古端末専門店「携帯市場 心斎橋店」をオープンします。

「携帯市場 心斎橋店」は、2018年に販売台数(年間15万台突破/10月時点)が過去最高になった中古ガラケーを販売する携帯市場が、大阪で初めて出店する店舗であり、スマートフォンアクセサリーショップ「Smart Labo(スマートラボ)心斎橋」(大阪府大阪市中央区)のインショップタイプとして出店します。

携帯市場は、11月には千葉県柏市に「携帯市場 柏店」をiPhone修理店とのコラボにて出店しており、コラボやインショップによる併設出店はこれで10店舗目になります。「携帯市場 心斎橋店」は、月間売れ筋ランキングトップ10を中心とした10台以上の中古ガラケーを常時取り揃えます。東京・神田にある中古ガラケーの専門旗艦店「携帯市場 神田本店」では、ここ3か月平均で月間200台から300台の販売実績がありニーズが高く、安く買い替えしたい、買える場所が少ないといった“ガラケー難民”を救うべく、今後も“コラボ出店”を強化してまいります。

【中古端末店「携帯市場 心斎橋店」概要】

〇携帯市場 心斎橋店:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目7-7 てんぐビル2F
「Smart Labo心斎橋」内
営業開始:2018年12月20日11時オープン
電話:06-6484-2455 / 営業時間:11:00~22:00
※12月31日、1月1日は年末年始のため20:00まで
取り扱い商材:中古フィーチャーフォン10アイテム以上、中古Androidスマートフォン10アイテム以上

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 富士店:静岡県富士市永田町1丁目92番地 ifc富士店内
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・<NEW オープン>携帯市場 心斎橋店:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目7-7 てんぐビル2F
「Smart Labo心斎橋」内

ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、2018年、年間中古ガラケーランキングトップ10を発表! 202SHが11か月連続販売トップで、堂々の年間1位を獲得 トップ10全て“折り畳み式”、うちソフトバンクが4機種でトップ “ガラケー+スマホの”2台持ち”ユーザーが増えた1年

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績150万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表します。本ランキングは、2018年1月1日から2018年11月30日まで、携帯市場が運営するガラケー専門店「携帯市場 神田店」を含む携帯ショップ9店舗、ウェブサイトにおける、年間約20万台、640機種の売買の数量、買取価格により集計しています。

2018年、年間販売ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

販売価格/

メーカー

発売日

1

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

4480

シャープ

2013/1/25

2

ドコモ

P-01F

5980

パナソニック

2013/10/25

3

ソフトバンク

PANTONE 4 SoftBank

105SH

3680

パナソニック

2012/3/9

4

Au

GRATINA 4G KYF31

3980

京セラ

2016/6/19

5

ドコモ

P-01G

7980

パナソニック

2014/11/7

6

Au

W62S

3180

ソニー

2008/3/21

7

Au

GRATINA2 KYY10

3680

京セラ

2015/2/6

8

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4

WATERPROOF

3980

パナソニック

2014/1/31

9

ドコモ

P-01H

8980

パナソニック

2015/11/27

10

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

5480

パナソニック

2015/5/29

2018年、年間買取ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

買取最低

価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01G

1000

パナソニック

2014/11/7

2

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

100

シャープ

2013/1/25

3

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

500

パナソニック

2015/5/29

4

ドコモ

P-01F

500

パナソニック

2013/10/25

5

ドコモ

P-01H

1500

パナソニック

2015/11/27

6

ドコモ

SH-11C

800

シャープ

2011/5/27

7

ドコモ

SH-07F

500

シャープ

2014/6/13

8

Au

GRATINA KYY06

200

京セラ

2013/9/14

9

ドコモ

P-07B

500

パナソニック

2010/9/10

10

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4

WATERPROOF

500

パナソニック

2014/1/31

2018年 携帯市場 年間販売台数・買取台数比率

 

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

“2018年のガラケーは復活年、2台持ちが圧倒的に増えた1年”
“2019年は、中古スマホのSIMロック解除元年。2台持ちがより多彩に”

「2018年を振り返ると、昨年に比べて約1.5から2倍近く売れた最高の1年でした。トップ10にソフトバンクの機種が4機種ランクイン。キャリア別シェアをみると、売上・買取とも、ドコモが約半数のシェア。2018年は3キャリアとも販売・買取両方増えた1年でした。タイプは“折り畳み式”が主流であり、バッテリーの持ちが良く実用性高いもの、シンプルなものが好まれます。昨今スマートフォン疲れの反動なのか、電話とSMS(ショートメッセージ)のみのガラケーに“戻す”ユーザーが増えましたし、一番多かったのは、“2台持ち”のユーザーが圧倒的に増えたようです。」
「2019年の秋には、スマートフォンのSIMロック解除の義務化が施行される予定です。通信と端末を自由選べることで、ガラケーは電話のみ、スマートフォンは通信のみと、需要とコストをみながら通信方法を選ぶユーザーがもっと増えてくるとみています。」

株式会社携帯市場について

ガラケー専門店 携帯市場 神田店

ガラケー専門店 携帯市場 神田店

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内

携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場とスマホ保険のジャストインケースが業務提携 中古 iPhone に保険アプリをプリインストール 工場出荷時に“全て”の iPhone へ適応、Android も順次対応

携帯市場とスマホ保険のジャストインケースが業務提携
中古 iPhone に保険アプリをプリインストール
工場出荷時に“全て”の iPhone へ適応、Android も順次対応

携帯市場とスマホ保険のジャストインケースが業務提携

中古携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)とスマホの保険アプリを提供する株式会社justInCase(本社:東京都千代田区、代表取締役:畑加寿也、以下ジャストインケース)は提携を結び、12月7日より、携帯市場が扱う中古スマートフォン全てにおいて、ジャストインケースが提供する「スマホ保険」サービスを適応することになりましたので、ここに発表します。

このたび導入するジャストインケースのスマホ保険は、ミニ保険と呼ばれる少額短期保険をアプリで完結するもので、AI等の技術で、スマホ利用の度合いをスコアで数値化し、利用者に合わせた保険料を最適化するサービスです。この協業により、岐阜・羽島にある商品化センターにて、保険アプリインストールを出荷時の工程に組み込み、当社が扱う全て(※)の中古スマートフォンは、アプリを通じて簡単に保険に加入することが可能になります。スタート時はiPhoneのみですが、2019年春ごろには、Android版も順次適応して参ります。
(※)保険アプリが対象のOS・バージョンに限ります。

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一氏のコメント

“安くiPhoneを使いたい人にとっては、中古とAIスマホ保険は良い組み合わせ”

「最近のiPhoneは重く、大きい。そしては毎年高額になってきていると思います。その影響か、中古iPhoneは徐々に認知度が上がってきました。出来るだけ携帯電話を安く使いたい。そんなお客様が増える一方、いざ画面が割れた、水没した、等起こると修理代が消費者には痛い出費です。ジャストインケース様のスマホ保険は、お客様のスマホの扱い方などによって保険料が変わる仕組みであり、スコアが良ければ保険料が割引されるユニークな保険です。安く使いたいので中古スマホを選んだ、というお客様にとっては良い仕組みだと考えます。」

株式会社 justInCase 代表取締役 畑加寿也氏のコメント

“中古で買ったスマホにも、簡単に安心を届けたい”

「当社のスマホ保険は、AIを用いた分析によりお客様ごとに異なる保険料での加入が可能です。中古のスマホでも、大切により長く使いたいという方には、粗雑に扱う方よりも保険料が安くなる仕組みです。この携帯市場様との協業により、届いたスマホにプリインストールされた当社アプリから、簡単にスマホ保険に加入することができることとなります。スマホ保険により、今後拡大されることが見込まれる中古スマホ市場の発展に貢献できればと考えます。

携帯市場とスマホ保険のジャストインケースが業務提携

携帯市場は、中古スマートフォンの普及に向け、今回の簡単な保険への加入の仕組みづくりをはじめとし、消費者の負担を減らすようなテクノロジーの導入、サービス開発を順次行う計画です。将来的には、中古スマートフォンの劣化状態を数値化し、革新的な充電サービスや広告サービスも検討しています。

株式会社携帯市場について

常時300台以上のガラケーを取りそろえる 専門店「携帯市場 神田店」

常時300台以上のガラケーを取りそろえる
専門店「携帯市場 神田店」

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 富士店:静岡県富士市永田町1丁目92番地 ifc富士店内
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

justInCaseについて

携帯市場とスマホ保険のジャストインケースが業務提携

企業名:株式会社justInCase
代表者:代表取締役 畑加寿也
創業: 2016月12月
住所:東京都千代田区麹町1-4-4 2F Lifullhub内
事業内容:少額短期保険業、関東財務局長(少額短期保険)第87号
従業員数:22名(業務委託含む)
justInCaseウェブサイト:https://justincase.jp

代表 畑加寿也について

保険数理コンサルティング会社Millimanで保険数理に関するコンサルティングに従事後、JPモルガン証券・野村證券・ミュンヘン再保険において、商品開発・リスク管理・ALM等のサービスを保険会社向けに提供。2016年justInCaseを共同創業。
プログラミング: VBA / Swift / Python / Ruby.