携帯市場のプレスリリース

携帯市場、2018年、年間中古ガラケーランキングトップ10を発表! 202SHが11か月連続販売トップで、堂々の年間1位を獲得 トップ10全て“折り畳み式”、うちソフトバンクが4機種でトップ “ガラケー+スマホの”2台持ち”ユーザーが増えた1年

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績150万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表します。本ランキングは、2018年1月1日から2018年11月30日まで、携帯市場が運営するガラケー専門店「携帯市場 神田店」を含む携帯ショップ9店舗、ウェブサイトにおける、年間約20万台、640機種の売買の数量、買取価格により集計しています。

2018年、年間販売ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

販売価格/

メーカー

発売日

1

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

4480

シャープ

2013/1/25

2

ドコモ

P-01F

5980

パナソニック

2013/10/25

3

ソフトバンク

PANTONE 4 SoftBank

105SH

3680

パナソニック

2012/3/9

4

Au

GRATINA 4G KYF31

3980

京セラ

2016/6/19

5

ドコモ

P-01G

7980

パナソニック

2014/11/7

6

Au

W62S

3180

ソニー

2008/3/21

7

Au

GRATINA2 KYY10

3680

京セラ

2015/2/6

8

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4

WATERPROOF

3980

パナソニック

2014/1/31

9

ドコモ

P-01H

8980

パナソニック

2015/11/27

10

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

5480

パナソニック

2015/5/29

2018年、年間買取ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

買取最低

価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01G

1000

パナソニック

2014/11/7

2

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

100

シャープ

2013/1/25

3

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

500

パナソニック

2015/5/29

4

ドコモ

P-01F

500

パナソニック

2013/10/25

5

ドコモ

P-01H

1500

パナソニック

2015/11/27

6

ドコモ

SH-11C

800

シャープ

2011/5/27

7

ドコモ

SH-07F

500

シャープ

2014/6/13

8

Au

GRATINA KYY06

200

京セラ

2013/9/14

9

ドコモ

P-07B

500

パナソニック

2010/9/10

10

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4

WATERPROOF

500

パナソニック

2014/1/31

2018年 携帯市場 年間販売台数・買取台数比率

 

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

“2018年のガラケーは復活年、2台持ちが圧倒的に増えた1年”
“2019年は、中古スマホのSIMロック解除元年。2台持ちがより多彩に”

「2018年を振り返ると、昨年に比べて約1.5から2倍近く売れた最高の1年でした。トップ10にソフトバンクの機種が4機種ランクイン。キャリア別シェアをみると、売上・買取とも、ドコモが約半数のシェア。2018年は3キャリアとも販売・買取両方増えた1年でした。タイプは“折り畳み式”が主流であり、バッテリーの持ちが良く実用性高いもの、シンプルなものが好まれます。昨今スマートフォン疲れの反動なのか、電話とSMS(ショートメッセージ)のみのガラケーに“戻す”ユーザーが増えましたし、一番多かったのは、“2台持ち”のユーザーが圧倒的に増えたようです。」
「2019年の秋には、スマートフォンのSIMロック解除の義務化が施行される予定です。通信と端末を自由選べることで、ガラケーは電話のみ、スマートフォンは通信のみと、需要とコストをみながら通信方法を選ぶユーザーがもっと増えてくるとみています。」

株式会社携帯市場について

ガラケー専門店 携帯市場 神田店

ガラケー専門店 携帯市場 神田店

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内

携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長

1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。

在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。

「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。