携帯市場、2019年6月ガラケー売買ランキング 販売1位はドコモ「P-01H」、au端末が初めて姿を消す ソフトバンク4G「DIGNOケータイ」が急伸

携帯市場、2019年6月ガラケー売買ランキング
販売1位はドコモ「P-01H」、au端末が初めて姿を消す
ソフトバンク4G「DIGNOケータイ」が急伸
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績200万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表します。本ランキングは、2019年6月1日から6月30日まで、携帯市場が運営するガラケー専門店「携帯市場 神田店」を含む携帯ショップ13店舗、ウェブサイトにおける、年間約20万台、640機種の売買の数量、売買価格により集計しています。
■中古ガラケー販売ランキングトピックス
・販売ランキングで初めてau端末がトップ10外へ。ドコモが8機種、ソフトバンクが2機種。
・ソフトバンク4G「DIGNOケータイ501KC」が急伸。2019年11月でガラケー機能が使えなくなることの影響で4Gのニーズが増加と予測。

20196月、月間販売ランキングTOP10

順位

キャリア

端末名称

販売価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01H

7980

パナソニック

2015/11/27

2

ドコモ

F-05G

6480

富士通

2015/6/19

3

ソフトバンク

DIGNOケータイ501KC

5480

京セラ

2016/2/26

4

ソフトバンク

202SH PANTONE
WATERPROOF

4480

シャープ

2013/1/25

5

ドコモ

L-03A

4980

LGエレクトロニクス

2009/3/14

6

ドコモ

N-01G

6980

NECモバイル

2014/11/13

7

ドコモ

P-01E

6480

パナソニック

2012/11/3

8

ドコモ

P-01G

7480

パナソニック

2014/11/7

9

ドコモ

N-01C

6980

NECモバイル

2010/11/12

10

ドコモ

SH-03E

5980

シャープ

2012/12/14

 

20196月、月間買取ランキングTOP10

 

順位

キャリア

端末名称

買取最低

価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01H

1,300

パナソニック

2015/11/27

2

au

GRATINA 4G KYF31

600

京セラ

2016/2/19

3

ドコモ

N-01G

600

NECモバイル

2014/11/13

4

ドコモ

N-03D

2800

NECカシオ

2011/12/9

5

ドコモ

P-01F

600

パナソニック

2013/10/25

6

ドコモ

SH-07F

1100

シャープ

2014/6/13

7

ドコモ

P-01J

2800

パナソニック

2016/11/4

8

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5
WATERPRROF

600

シャープ

2015/5/29

9

ソフトバンク

202SH PANTONE
WATERPROOF

100

シャープ

2013/1/25

10

ドコモ

SH-06G

1300

シャープ

2015/6/26

「6月の中古ガラケー販売台数は13,757台で2018年同月比70%。ドコモ以外は徐々に低迷。」/
株式会社携帯市場 代表取締役社長 粟津浜一氏コメント
「中古ガラケーの販売で影響が出始めているのが、ドコモ以外のキャリア端末の需要です。ソフトバンクが先に発表している通り、今年の11月に施行されるガラケーの機能制限を受けての影響、また、今まで販売トップ10に必ず存在していたau端末の存在が消えたこと、です。auは2022年3月末に3G停波の発表がありました。まだ2年以上もありますが、今から販売数が減るとなると、買取にも影響が出そうです。ドコモは、2020年の半ばには3Gの停波があると情報があるものの、売買とも3G端末の需要は安定しており、取り扱いシェアも8割近くまでになりそうです。」

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

ファーウェイ端末「100円買取」終了のお知らせ 7月6日より正常買取へ、ウェブ限定で買取10%アップキャンペーンも開催

ファーウェイ端末「100円買取」終了のお知らせ
7月6日より正常買取へ、ウェブ限定で買取10%アップキャンペーンも開催
中古携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2019年7月6日より、「100円」にしていたファーウェイ中古端末の買取価格を正常価格へ変更することになりました。当社が運営する店舗、ウェブサイト両方にて適用します。
当社は、昨今の米中貿易摩擦の影響を受け、総合的に判断した結果、5月25日よりファーウェイ端末の買取価格を100円にしておりました。以降、状況を見守っておりましたが、中古業界における影響は少ないと総合的に判断をし、このたび7月6日より、正常買取価格へ戻す決定をしました。
【<一部>弊社取り扱い中古ファーウェイ端末の買取価格/74日現在】
 

端末名称

キャリア

買取価格/変更前

買取価格/変更後

発売日

HW-01K HUAWEI P20 Pro Black

docomo

100

32,000

20186

HWV32 HUAWEI P20 lite サクラピンク

au

100

7,000

20186

703HW HUAWEI Mate 10 Pro チタニウムグレー

softbank

100

15,000

20185

P20 lite クラインブルー

UQ mobile

100

8,000

20186

HUAWEI P20 lite ミッドナイトブラック

Y!mobile

100

8,000

20186

 

※その他のファーウェイ端末の買取価格は、下記広報窓口にお問い合わせください。

※買取価格(74日現在)は変動します。

【ファーウェイ端末、買取価格10%アップキャンペーン】
当社では、7月6日から31日までの間、弊社が運営するインターネット買取サイト「スマートフォン買取.jp」(https://xn--jck5a6bwc1b5hncu475bi80f.jp/)経由、楽天市場経由で買取のお申込みをいただくと、通常価格より10%買取額がアップするキャンペーンを開催します。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、IIJの音声通話専用プラン「ケータイプラン」の取り扱いを開始 “格安ガラケー”スターターキット3980円で販売 SIMの設定サポートを手厚く、2台持ち需要、シニア層の買い替えを目指す

携帯市場、IIJの音声通話専用プラン「ケータイプラン」の取り扱いを開始
“格安ガラケー”スターターキット3980円で販売
SIMの設定サポートを手厚く、2台持ち需要、シニア層の買い替えを目指す
携帯市場 IIJ
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績200万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2019年7月4日より、株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が提供する音声通話専用の「IIJmioモバイルサービス ケータイプラン(以下、ケータイプラン)」(※)と設定代行を組み合わせた「“格安ガラケー”スターターキット」の販売を開始します。
(※)サービスの概要、詳細に関しては、IIJ社の公式サイト(https://www.iijmio.jp/hdd/keitai/)をご覧下さい。
携帯市場は、中古ガラケーの買取・販売を強化しており、2017年10月には専門店「携帯市場 神田本店」を出店、インターネット通販や法人販売需要もあり、2018年度は、会社全体で販売台数18万台を突破しました。特に、60代以上を中心としたシニア層の需要は依然高く、代替機種を探される方、キャリアとの交渉の仕方が分からないなど、専門店では、携帯電話の“寺子屋”的なポジションに変わりつつあります。
IIJが提供する通話専用プラン「ケータイプラン」は、音声通話とSMS通信に限定した月額利用920円(税別)の通話専用プラン(データ容量無し)で、開通手続きは契約者ご自身がインターネット上で契約を行います。このたび提供する「“格安ガラケー”スターターキット」は、通話専用プラン「ケータイプラン」のパッケージ(通常価格3000円)と、設定がわからない契約者向けに、設定から契約までの補助をするサービス「まるごと設定サポート」(通常5000円(税別))のセットを、約半額の特別価格3980円(税別)で提供するものです。携帯市場神田本店、岐阜羽島店の2店舗で取り扱いを開始し、随時インターネットでの販売も開始予定です。なお、当社で取り扱う中古ガラケー約60機種(ドコモ端末)の動作も確認済みで、初めて中古ガラケーを利用してみたいお客様も導入しやすいように、通話専用プラン「ケータイプラン」と、当社が推奨する中古ガラケーとのセットを購入することでパッケージ代金が1円になるキャンペーンも同時開催しています。
【「“格安ガラケー”スターターキット」の概要】
◆商品概要:
音声通話専用プラン「ケータイプラン」(IIJ)と「まるごと設定サポート」のセット販売
◆料金:
3980円(税別)(通常価格8000円(税別))
※月額料金920円(税別)と音声通話料金は別途発生します。
◆取り扱い店舗:
携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
携帯市場 岐阜羽島店/岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
【通話専用SIM「ケータイプラン」1円キャンペーンの概要】
弊社が推奨するガラケー(ドコモ端末)と通話専用プラン「ケータイプラン」を同時購入すると、通常価格3000円(税別)のパッケージ代金が1円になるキャンペーンを開催します。
◆キャンペーン期間:2019年7月4日~9月3日まで
◆取り扱い店舗:
携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
携帯市場 岐阜羽島店/岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
【弊社取り扱い中古ガラケー動作確認済みリスト、人気端末一部抜粋】

音声通話/インターネット

端末名称

SIMサイズ

販売価格/

メーカー

発売日

/

F-02J らくらくホン

nanoSIM

12,800

富士通

2016/12/14

/

P-01J P-smart ケータイ

nanoSIM

11,800

パナソニック

2016/11/4

/

P-01H

microSIM

9,980

パナソニック

2015/11/27

/

SH-07F

microSIM

6,980

シャープ

2014/6/13

/

P-01F

microSIM

6,980

パナソニック

2013/10/25

/

P-01G

microSIM

7,480

パナソニック

2014/11/7

/

L-03A

通常サイズSIM

4,980

LGエレクトロニクス

2009/3/14

/

N-01G

microSIM

6,980

NECモバイルコミュニケーションズ

2014/11/13

/

SH-03E

microSIM

5,980

シャープ

2012/12/14

/

P-06C

通常サイズSIM

5,980

パナソニック

2011/7/29

※その他の動作確認済み端末は、携帯市場神田本店、または、岐阜本店にお問い合わせください。

■「シニアが相談しやすい、ショップの新しい価値を提供したい」/
株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント
「2018年度は約18万台規模でガラケーの販売を行いました。約半分がドコモの端末です。将来スマートフォンへ切り替えるお客様も増えていきますが、MMD研究所の調査(シニアのスマートフォン利用推移調査レポート)によると、2018年度のシニア層のフィーチャーフォン利用率はいまだに38%を超え、スマートフォンへ切り替えができない一定の層が日本には存在します。我々のようなベンチャー企業こそ、そういった方々の受け皿になる必要があると考えています。当店舗では、格安ガラケーとして安い通信への切り替えたいニーズに対応できるよう、店頭にて支援するサービスを開始し、将来、シニアのスマートフォンへの切り替えにも対応できるようなサポートを充実していきます。」

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、通信分離に伴う携帯電話費用負担意識調査を実施 買い替えは、安い端末を探すが40%、買い控えが27%と消極的 自己負担額は、1位が「1万円程度」で37%、3万円までが約8割を占める

携帯市場、通信分離に伴う携帯電話費用負担意識調査を実施
買い替えは、安い端末を探すが40%、買い控えが27%と消極的
自己負担額は、1位が「1万円程度」で37%、3万円までが約8割を占める

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績200万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、20代から60代の男女500名を対象にインターネット調査を実施、通信分離に伴う携帯電話の費用負担意識のアンケート結果を発表します。インターネット調査には、クロス・マーケティング社のアンケートパネル「QiQUMO(キクモ)」を利用しました。

通信分離に伴う携帯電話費用意識アンケート調査サマリー

・調査期間:2019年4月15日(月)~4月16日(火)
・年齢構成:20代から60代、計500名
・男女比:男性48%、女性52%
1 「「通信分離」。買い替えによる端末費用の負担が増えるのはご存知でしたでしょうか?」に対して「知っている」が46%、「知らなかった」が54%と若干数知らない人が多い状況。
2 「端末費用が高くなったら、買い替えの際はどうしますか?」に対して、「安い端末を探して買う」が40%に続き「買い控える」が27%と高く、買い替えに対して消極的な事が分かる。
3 「端末費用の自己負担。いくらまでなら可能でしょうか?」に対して、「1万円程度」が37%、続いて「3万円程度」が23%、「2万円程度」が16%と、1万から3万円程度が約8割を占めた。
4 「ご自身の月額の通信費用は把握していますか?」に対して「把握している」が82%、「把握していない」が11%、「わからない」が7%。8割以上の方が費用への関心が高い事が伺える。
通信分離 買い替えによる携帯電話端末費用の負担が増えるのはご存知でしたでしょうか?
携帯電話端末費用が高くなったら、買い替えはどうしますか?
20代から60代の男女、スマートフォンを利用しているユーザー500名に対して、今年中に行われる通信分離に伴う携帯端末の費用負担に関する意識調査を行ったところ、買い替えによる端末費用負担が増える事に関する認識は46%(230人)、認識していないは54%(270人)と若干数知らない人が多い状況。先日4月15日に行われたNTTドコモ社の新料金発表を皮切りに、通信各社による通信料金引き下げとともに認知率は徐々に増えていくと思われる。続いて、端末費用が高くなったら買い替えはどうするか、という問いに対して、「安い端末を探して買う」が40%(198人)、「買い控える」が27%(137人)と、出来るだけ安い端末、もしくは良いものが無ければ買い控えると言った“消極的”な意識が目立つ。「高くても買う」が3%(31人)と非常に低く、これまでの通信セット販売依存による意識の大きさが伺える。消費者にとって、高機能で高額化したiPhoneなどのスマートフォンを安く購入できる“中古品”も簡単に選べる環境整備が急がれる。
続いて、端末費用の自己負担はいくらまでなら可能でしょうか?という問いに対して、「1万円程度」が37%(185人)で1位、「3万円程度」が23%(117人)と2位、「2万円程度」が16%(78人)と、1万円から3万円までの負担意識が約8割という結果に。昨今の高額スマートフォンの価格帯である「10万円未満」「10万円以上」と答えた人が5%(合わせて28人)と非常に低く、今後、5Gなどの高スペックモデルの端末も増え、高額化する懸念もあることから、通信業界は消費者を如何に5Gへ誘導していくか、今後の施策が重要になると考えられる。最後に、自身の月額に通信費は知っているか?という基本的な質問に対して、知っていると答えた方が82%(410人)、知らない、わからないと答えた方が18%(90人)と約2割の方は意外にも把握していないことが分かった。
端末費用の自己負担。いくらまでなら可能でしょうか?
ご自身の月額の通信費用は把握していますか?

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、通信分離に伴う携帯電話の補償・保険意識調査を実施 新品、中古品とも約5割が補償・保険が必要 保険料負担は「年間3千円程度」で1位、「できれば払いたくない」が2位

携帯市場、通信分離に伴う携帯電話の補償・保険意識調査を実施
新品、中古品とも約5割が補償・保険が必要
保険料負担は「年間3千円程度」で1位、「できれば払いたくない」が2位

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績200万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、20代から60代の男女500名を対象にインターネット調査を実施、通信分離に伴う携帯電話の補償・保険意識調査アンケートの結果を発表します。調査には、クロス・マーケティング社のアンケートパネル「QiQUMO(キクモ)」を利用しました。

通信分離に伴う携帯電話の補償・保険意識アンケート調査サマリー

・調査期間:2019年4月12日(金)~4月14日(日)
・年齢構成:20代から60代、計500名(各世代100プロット)
・男女比:男性45%、女性55%
1 通信分離に伴い、端末購入の負担が増える懸念がある中「端末の補償・保険は今後必要ですか?」に対して「必要」が54%、「必要ない」が17%。同様、中古端末に関して同じ調査をしたところ「必要」が47%、「必要ない」が23%と、約半数は端末への補償・保険が必要と感じている。
2 続けて「保険料の負担はどこまで可能か?」に対して「年間3千円程度(月額250円程度)」が49%でダントツ1位、続いて「できれば払いたくない」が28%で2位、「年間6千円程度(月額500円程度)」が18%で3位という結果に。補償・保険は約5割が必要であると訴える一方、出来るだけ費用負担は避けたい模様。
3 「どんな補償が必要か?」に対して、「交換」が52%、続いて「修理」が39%。返金は9%だった。「修理」が4割と比較的高い印象。
4 「通信とのセット販売が禁止されようとしています。携帯端末を購入する際、重視しているものはなんですか?」(複数回答可)に対して、「端末価格」が24.2%、「通信費用」が24.9%、合わせて49.1%と約半数を占める結果に、費用への意識の高さを伺える。
通信分離に伴い、端末の補償・保険は今後必要であると考えますか? 通信分離に伴い、中古端末にも補償・保険は今後必要であると考えますか?
20代から60代の男女、スマートフォンを利用しているユーザー500名に対して、今年中に行われる通信分離に伴う携帯端末の補償・保険に関する意識調査を行った。端末の補償・保険は今後必要と考えているかという問いに、「必要」が54%(269人)、「必要ない」が17%(88人)、「どちらでもない」が29%(143人)という結果に。さらに今後期待される中古端末に関しては同様の質問をしたところ、「必要」が47%(236人)、「必要ない」が23%(118人)、「どちらでもない」が30%(151人)という結果となった。7ポイントほど全体に比較して中古端末に対する必要性は低いものの、新品も中古品も約半数が補償・保険の必要性を感じている。
携帯電話、保険金額の負担可能額
続いて「保険金額、幾らなら負担可能か?」という問いに対して、「年間3千円程度(月額250円程度)」が49%(243人)で1位、「できれば払いたくない」が28%(141人)で2位、「年間6千円程度(月額500円程度)」が18%(92人)で3位、「年間1万円程度(月額840円程度)」が5%(22人)、「年間1万5千円程度(月額1250円程度)」は0.4%(2人)という結果となった。月額1000円を超える保険料は現実的ではなく、月額500円以下ならば67%と約7割の方が受け入れる事が分かる。一方、「年間3千円程度」が約5割、「できれば払いたくない」と回答したのが約3割程度存在し、前設問で補償・保険の必要性5割と回答しつつも、出来るだけ費用負担はしたくないといった消費者の懐を伺える。
端末補償には何が必要?
端末保証には何が必要?
 
また「端末保証には何が必要か?」という問いに対して、「交換」が52%(261人)と半数を占め、「修理」が39%(192人)、「返金」が9%(45人)と続いた。さらに「中古携帯端末に必要な補償期間は?」という問いに対して、「2年以上は必要」が35%(177人)、「1年間は必要」が33%(165人)、続いて「2年間は必要」が22%(109人)という結果となった。「6ヶ月未満」と答えた方は10%(49人)と中古端末とは言え、短い補償期間は望んでいない傾向が伺える。
 
通信とのセット販売が禁止されようとしています。携帯端末を購入する際、重視しているものはなんですか?
最後に、通信とのセット販売が禁止されようとしている中、「携帯端末を購入する際、重視しているものはなんですか?」(複数回答可)に対して、20代から60代全世代通して「通信費用」が1位、「端末価格」が2位と、全項目と比較しても圧倒的に多く、費用への意識の高さを伺える。続いて「通信会社」が3位とランクインしており、今後、通信分離が行われる中、消費者は、引き続きキャリアショップのサービスに注目している傾向が伺える。

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、スマホ・ガラケーの“ワンセグ”利用アンケート調査 ワンセグ利用者は3割未満 ワンセグ受信料が発生するなら買い替え意向6割、世代別で60代のみ4割

携帯市場、スマホ・ガラケーの“ワンセグ”利用アンケート調査
ワンセグ利用者は3割未満
ワンセグ受信料が発生するなら買い替え意向6割、世代別で60代のみ4割

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績170万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、20代から60代の男女500名を対象にインターネット調査を実施、スマートフォンの利用実態のアンケート結果を発表します。インターネット調査には、クロス・マーケティング社のアンケートパネル「QiQUMO(キクモ)」を利用しました。
●スマホ・ガラケーの“ワンセグ”利用アンケート調査サマリー
・調査期間:2019年3月19日(火)~3月22日(金)
・年齢構成:20代から60代、それぞれ100人、計500名
・男女比:男性46%、女性54%
1 「貴方の携帯電話にワンセグ機能はついているか?」に対して「はい、付いている」が38%、「いいえ、付いてない」が62%。
2 「はい、付いている」と答えた人のみ回答、「ワンセグ機能を利用しているか?」に対して「はい、利用している」が26%と3割未満。特に30代、40代が2割程度と一番低い。
3 「はい、付いている」と答えた人のみ回答、「ワンセグ受信料が発生するなら買い替える?」に対して「買い替える」が58%、「買い替えない」が42%と「買い替え意向」が上回る。しかし世代別で60代のみ「買い替える」が41%と半数を下回る。
ワンセグ機能はついているか?/ワンセグ機能を利用していますか?
スマートフォン・ガラケーを利用しているユーザー500名にして、今利用している端末に「ワンセグ機能がついているか?」を聞いたところ「はい」が38%(191人)、「いいえ」が62%(309人)という結果となった。ワンセグが基本仕様になっていないiPhoneとandroidのシェアに近い数字となった。「はい」と答えた方にのみ、さらに「ワンセグ機能を利用しているか?」という問いには「はい」が26%(50人)、「いいえ」が74%(141人)という結果で“3割未満”の利用となった。全体が500人に対してワンセグを利用している人数が50人と、“実質1割”であり、現在、ワンセグ機能があまり利用されているとは言えない。
世代別ワンセグ機能を利用していますか
世代別でワンセグ機能の利用傾向(N=191)をみると、利用率は30代、40代が一番低く2割程度、50代、60代が高くて約3割となった。スマートフォン比率が高い若い世代になればなるほどワンセグ機能の利用率が低く、ガラケー利用者が多いシニア世代においてはワンセグ利用率がまだ高いため、シニア層のガラケー利用がスマートフォンへシフトすることで、ワンセグニーズは益々減少する傾向にあると考えられる。
ワンセグ受信料が発生するなら買い替えるか?
3月12日付、NHKとの受信料契約義務として、ワンセグ機能が付いた携帯電話でも支払う必要があると最高裁で判決されました。これを受けて、ワンセグ機能をもつ携帯電話利用者(N=191)に対して「ワンセグなしの携帯電話に買い替えたいと思いますか?」と聞いたところ、「買い替えたい」が58%(111人)、「買い替えない」が42%(80人)という結果となり、「買い替えたい」が約6割と、半数を上回った。
世代別で傾向(N=191)を見てみると、30代が一番強く約7割、世代が高くなるほど減少し60代が一番低く約4割と「買い替えない」層が逆転。シニア世代ほどNHK受信料に対するストレスはそう大きくなく、その層にとっては受信料の支払い義務が買い替えの直接的な原因にはなりにくいのではと考察できる。

常時300台以上のガラケーが勢ぞろい
ガラケー専門店「携帯市場 神田店」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、2019年2月度、中古ガラケーランキングトップ10を発表! 販売で202SHが復権、1ヵ月で1位に返り咲き 「部品探します」代行、マニア向け“ガラケーコンシェルジュ”も開始

携帯市場、2019年2月度、中古ガラケーランキングトップ10を発表! 販売で202SHが復権、1ヵ月で1位に返り咲き 「部品探します」代行、マニア向け“ガラケーコンシェルジュ”も開始
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績170万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表します。本ランキングは、2019年2月1日から2月28日まで、携帯市場が運営するガラケー専門店「携帯市場 神田店」を含む携帯ショップ10店舗、ウェブサイトにおける、年間約20万台、640機種の売買の数量、売買価格により集計しています。
また東京・神田にあるガラケー専門店オープン以降、沢山のガラケーファンにご利用いただく中で、「P901iのカバー付け替えがどうしても使いたい」「昔のメールをみたい。2Gの充電器探してほしい」等、ガラケーならではの特別なニーズ、マニア向けの要望が問い合わせの1割を超えている状況です。そこでガラケー専門店「携帯市場 神田本店」限定として、3月15日より、「部品探します」代行サービス“ガラケーコンシェルジュ”を開始します。費用は1000円(税別)、オーダーを受けてから1日以内(※)に回答、状況に応じて自社倉庫以外(追加費用)からも捜索します。(※)商品センター休業日や混雑時は日程の余裕を頂く場合がございます。
 

20192月、月間販売ランキングTOP10

 

順位

キャリア

端末名称

販売価格/

メーカー

発売日

1

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

4480

シャープ

2013/1/25

2

ドコモ

P-01G

7480

パナソニック

2014/11/7

3

ドコモ

P-01F

6980

パナソニック

2013/10/25

4

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

4480

パナソニック

2015/5/29

5

ソフトバンク

001SC

3480

シャープ

2010/11/27

6

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4
WATERPROOF

4480

パナソニック

2014/1/31

7

Au

GRATINA 4G KYF31

5980

京セラ

2016/2/19

8

ソフトバンク

108SH

5480

シャープ

2012/7/27

9

ソフトバンク

601SH AQUOSケータイ2

7980

シャープ

2016/10/28

10

Au

GRATINA KYY06

3680

京セラ

2013/9/14

 

20192月、月間買取ランキングTOP10

 

順位

キャリア

端末名称

買取最低

価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01G

1000

パナソニック

2014/11/7

2

ドコモ

P-01E

400

パナソニック

2012/11/3

3

Au

SOY05 URBANO AFFARE

1000

ソニーモバイル

2011/10/27

4

ドコモ

P-01F

500

パナソニック

2013/10/25

5

Au

GRATINA KYY06

200

京セラ

2013/9/14

6

ドコモ

SH-11C

800

シャープ

2011/5/27

7

ドコモ

SH-07F

500

シャープ

2014/6/13

8

ドコモ

N-03D

2500

NECモバイル

2011/12/9

9

ドコモ

P-01H

1500

パナソニック

2015/11/27

10

Au

KY012

100

京セラ

2012/5/31

「ガラケーに困った、マニアは推定200万人」/株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

「日本国内のガラケー契約件数はいまだに約3000万台あると言われています。当社の年間取り扱い件数が約20万台、部品に関する問い合わせが1割を超えていることから、想定される母数は約10倍の200万人相当の困った、マニア層が存在すると想定しています。ガラケーを販売する当社でも、キャリアショップで扱っていない古いガラケーの部品を探すのも一苦労です。当社がもつ在庫や外部ネットワークも活かし、全国のマニア層にも対応できるようきめ細やかなサービスを提供したいと、日々考えています。」

株式会社携帯市場について


企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、平成最後の“スマホ疲れ”アンケート調査 脱スマホ、スマホ断食意向あり3割以上、約5か月で6ポイント増 年代別1位が10代で、約半数が“スマホ疲れ” 理由1位は「SNSや返事が面倒」、2位が「バッテリー消耗」

携帯市場、平成最後の“スマホ疲れ”アンケート調査
脱スマホ、スマホ断食意向あり3割以上、約5か月で6ポイント増
年代別1位が10代で、約半数が“スマホ疲れ”
理由1位は「SNSや返事が面倒」、2位が「バッテリー消耗」
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績170万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、10代から60代の男女600名を対象にインターネット調査を実施、スマートフォンの利用実態のアンケート結果を発表します。インターネット調査には、クロス・マーケティング社のアンケートパネル「QiQUMO(キクモ)」を利用しました。
●スマートフォンの利用実態“スマホ疲れ”調査サマリー
・調査期間:2019年2月8日(金)~2月9日(土)
・年齢構成:10代から60代、それぞれ100人、計600名
・男女比:男性51%、女性49%
・スマホ利用2年以上:10代69%、20代87%、30代87%、40代78%、50代63%、60代46%
1 「脱スマホやスマホ断食をしたくなるときがありますか?」に対して「ある」が33%。昨年10月に実施した自主アンケート調査によると「ある」が27%で、約5か月で6ポイント増。
2 年代別1位は10代、100人中48人(48%)が「ある」と回答。2位が20代、100人中44人(44%)。
3 理由1位は「SNSの返事が面倒」、2位に「バッテリーの消耗」、「個人情報漏洩」は4位。
4 1日のスマートフォンの利用時間、1位は「1時間~3時間」、2位が「30分以内」。
5 「スマートフォンが無い生活は考えられますか?」に対して、「考えられる」が43%、「考えられない」が57%で10ポイント上回る。
脱スマホ・スマホ断食をしたくなる時があるか?
600人を対象に、今までにスマートフォンの利用を辞めたいと考えたことがある「脱スマホ・スマホ断食」をしたいと考えたことがあるかと調査を行ったところ「ある」が33%で3割以上という結果となった。昨年の10月10日に自主調査「スマートフォンの利用実態調査」(n=1000)で同様な問いに対して「ある」が27%であったため、約5か月で6ポイント増加したことになる。年代別で見ると10代、20代といった若年層順にその傾向が強くみられ、10代に当たっては48%(100人中48人)と比較的高い結果となった。
【年代別】脱スマホ・スマホ断食をしたくなる時があるか?
 
その理由は、1位が「SNSの返信が面倒」で87人、2位が「バッテリーの消耗」で66人、3位が「インターネットやゲームのしすぎ」で56人という結果となった。昨今話題となった「個人情報漏洩への不安」は4位の54人。年代別で見ると、「SNSの返事が面倒」が20代で29人、10代で24人と約3割を占めており、個人情報漏洩よりも直接的に影響が強いSNSで、若年層がストレスを抱えていることが伺える。
脱スマホ・スマホ断食をしたくなるのはどんな時?
年代別 1日のスマホ時間は?
1日に利用するスマートフォンの利用時間を伺ったところ、1位が「1時間~3時間」で190人、2位が「40分以内」で145人、3位が「3時間~5時間」で116人という結果となった。年代別で見てもわかる通り、若年層が比較的利用時間が多くなる傾向が見られ、10代に限ってみると、「それ以上」の5時間以上利用している人が29人(100人中)と3割近く存在していることが分かる。
最後に、スマートフォンの無い生活は考えられるか?と伺ったところ、「考えられる」が43%、「考えられない」が57%と、「考えられない」が10ポイント上回る結果となった。年代別でみると、40代で「考えられる」が57人、60代で56人と半数を上回り、50代で「考えられる」と「考えられない」が半々、10代から30代にかけて「考えられない」が圧倒的に多く、20代が73人(100人中)、30代が68人(100人中)、10代が63人(100人中)と、6割、7割を占めており、スマートフォンが10代から30代にかけて生活に欠かせなく、依存度が高いと言える。
スマートフォンがない生活が考えられますか?
年代別 スマートフォンがない生活が考えられますか?

「ガラケーが良かったと思う人は38%、20代でも3割近く存在している」/株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

「2018年10月の調査に引き続き、平成も最後ということで、インターネット調査を行いました。結果、スマートフォンから断食したいと考える人が5か月で6ポイントも増えています。これは、昨年まで好調だったiPhoneの販売不振やインターネットの個人情報漏洩の話題、バイトテロと呼ばれるような事件なども影響しているかもしれません。この度の調査で番外編として「ガラケーが良かったと思うか?」と伺ってみたところ「思う」が38%で約4割の方がそう感じているようです。50代、60代以上の方が多いのは当然ですが、20代で35人(100人中)、30代で32人(100人中)と、10代を除く全世代通して3割を超えていました。機能をシンプルに、用途を絞って使いたい、といったニーズが必ず存在します。そのようなシンプルなスマートフォンが今後増える可能性がありますし、私たちのような中古事業者は、そのようなお客様の受け皿になるように品揃えを増やし、きめ細やかなサービスを提供しなければならないと考えてます。」

株式会社携帯市場について


企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:50名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。
「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場、2019年1月度、中古ガラケーランキングトップ10を発表! 12ヵ月連続1位202SHを抑え、P-01Fが販売初の1位へ 中古ガラケー販売台数、前月比104%、同月前期比93.2%

携帯市場、2019年1月度、中古ガラケーランキングトップ10を発表!
12ヵ月連続1位202SHを抑え、P-01Fが販売初の1位へ
中古ガラケー販売台数、前月比104%、同月前期比93.2%

中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績170万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ランキングトップ10を発表します。本ランキングは、2019年1月1日から1月31日まで、携帯市場が運営するガラケー専門店「携帯市場 神田店」を含む携帯ショップ10店舗、ウェブサイトにおける、年間約20万台、640機種の売買の数量、売買価格により集計しています。
【2019年1月、月間販売ランキングTOP10】

順位

キャリア

端末名称

販売価格/

メーカー

発売日

1

ドコモ

P-01F

5980

パナソニック

2013/10/25

2

ドコモ

P-01G

7980

パナソニック

2014/11/7

3

ドコモ

N-01G

6980

NECモバイルコミュニケーションズ

2014/11/7

4

ソフトバンク

401PM COLOR LIFE 5

WATERPRROF

5480

パナソニック

2015/5/29

5

ソフトバンク

202SH PANTONE

WATERPROOF

4480

シャープ

2013/1/25

6

ドコモ

SH-11C

6980

シャープ

2011/5/27

7

Au

GRATINA2 KYY10

3980

京セラ

2015/2/6

8

ソフトバンク

301P COLOR LIFE 4
WATERPROOF

3980

パナソニック

2014/1/31

9

Au

GRATINA KYY06

3680

京セラ

2013/9/14

10

ドコモ

SH-03E

5980

シャープ

2012/12/14

【2019年1月、月間買取ランキングTOP10】

順位

キャリア

端末名称

買取最低価格/

メーカー

発売日

1

ソフトバンク

001SC

500

シャープ

2010/11/27

2

ドコモ

P-01F

500

パナソニック

2013/10/25

3

ドコモ

P-06C

1000

パナソニック

2011/7/29

4

ドコモ

らくらくホン F-08C

2000

富士通

2011/4/22

5

ドコモ

らくらくホン F-01G

4000

富士通

2014/10/4

6

ドコモ

SH-11C

800

シャープ

2011/5/27

7

ソフトバンク

108SH

800

シャープ

2012/7/27

8

ドコモ

らくらくホン F-07A

1500

富士通

2009/4/9

9

Au

KY012

100

京セラ

2012/5/31

10

ドコモ

P-01E

500

パナソニック

2012/11/3

株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

「2019年は、平成最後の“ガラケー難民”が増える可能性が大。そんなユーザーの受け皿に。」

「昨年2018年10月には中古ガラケーの販売台数が過去最高の販売数を超えました。2019年1月を迎えた今も根強い人気です。1月の販売実績は1万2千台で前月比104%、同月前期比は93.2%となりましたが、2年前に比べると前期比110%と好調を維持しています。しかし今年は、iPhoneの不振もあり携帯販売が鈍化するのではという予測もありますので、ガラケーからスマートフォンへの移行させる施策が増えるだろうと、徐々にではありますけれども、縮小傾向にあるのかもしれません。と言いつつも、シニアの利用も多いとされるガラケー、そう簡単ではないとみてます。そんなガラケー難民を出さないためにも、我々のような中小企業が最後まで受け皿となって、商品を取りそろえ、最後の最後までガラケーユーザーをサポートしていきたいと考えています。」

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2009年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:45名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 iFC柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
・携帯市場 岐阜羽島店 岐阜県羽島市竹鼻町飯柄231番地1(2019年2月1日オープン)
携帯市場ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/

代表 粟津浜一について

携帯市場 粟津浜一社長
1979年12月岐阜県羽島市生まれ。筑波大学院理工学研究科2004年卒業。
在籍中には産官学の国家宇宙プロジェクトに参加。卒業後、ブラザー工業株式会社にて、新商品新技術の研究開発業務に従事。2009年株式会社アワーズ(現:株式会社携帯市場)を設立、社長に就任。「中古携帯を世界中へ広める」をビジョンとして掲げ、業界が黎明の時代から業界発展に寄与。これまでに1,000以上の店舗に対して、中古携帯事業を展開、コンサルを行っている。

携帯市場×ソフマップ買取コラボ、初の旗艦店 「携帯市場 岐阜羽島本店」2 月 1 日オープン ソフマップの買取フランチャイズ店舗を岐阜県に出店

携帯市場×ソフマップ買取コラボ、初の旗艦店
「携帯市場 岐阜羽島本店」2 月 1 日オープン
ソフマップの買取フランチャイズ店舗を岐阜県に出店

携帯市場 岐阜羽島本店 外観 携帯市場 岐阜羽島本店 ソフマップ買取カウンター
中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績150万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一、以下携帯市場)は、2月1日11時より、株式会社ソフマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺武志、以下ソフマップ)の買取カウンターを設けた、初の買取コラボ店舗「携帯市場 岐阜羽島本店」をオープンします。携帯市場は岐阜県に初上陸となります。
このたび携帯市場が新たに出店する「携帯市場 岐阜羽島本店
の特徴は、携帯市場が手掛ける中古携帯の買取以外に、パソコン、ソフト、デジタル家電等の販売・買取、サポートを行うソフマップの強みである商品の買取カウンターを設ける点であり、お互いの強みをコラボレーションした新しい買取マルシェ店です。ソフマップの買取システムを導入することで、携帯電話だけでなく、ソフマップが買い取っている、パソコン、デジカメなどのデジタル家電やゲームソフト、フィギュアなどの買取も実現できます。
「携帯市場 岐阜羽島本店」の敷地坪数は40坪、売り場坪数は約半分の20坪程度、意匠も一新し、今まで出店した店舗の中でも大きく、バックオフィスが広めの店舗です。ソフマップの買取は、その場で携帯市場のスタッフが現金査定後、バックオフィスで一時保管し、日次でソフマップの商品化センターへ送ります。このバックオフィスは、携帯市場が運営するEコマースの倉庫としても兼用しており、バックオフィスの無駄も省くだけでなく、携帯電話に関しては、その場で検品・出品できる体制を構築していくことで、収益性を高めたオムニチャネル店舗にしていく計画です。
また、2018年12月21日から開始した一般社団法人写真整理協会が推奨する写真整理アドバイザー(※)を常設したガラケー・スマートフォンのデータ取り出しサービスや、総務省による通信分離の方針において、今後、消費者がどのように備える必要があるか、等のセミナーやワークショップも定期的に開催、さらに店内もトーンを統一し、清潔感を出すことで中古携帯への抵抗感をなくす取り組みも行っています。またオープン当日は、携帯市場代表の粟津も店に立っております。取材ご希望の方は、1月31日17時までに、携帯市場佐野(TEL:080-8120-0734)までご連絡ください。(※)一般社団法人写真整理協会は、画像・映像にできるすべてのものについて整理の方法をアドバイス、適切に実施及びサポートできる写真整理アドバイザーの育成を行っています。初級から上級合わせて全国に400名在籍しており、順調に増えています(http://www.photokeep.jp/)。
携帯市場は、今後もソフマップとの買取コラボ出店を強化したい考えであり、2020年12月までに、地方都市を中心に30店舗計画しています。また、ソフマップに限らず、他企業との買取の強みを生かし、携帯市場が代理店として運営するモデル“買取マルシェ”型の買取センターの出店も計画中です。
【携帯市場 岐阜羽島本店 店舗情報】
住所:〒501-6233羽島市竹鼻町飯柄231番地1
坪数:敷地坪数40坪、売り場坪数20坪
取り扱い商材(過去最大の在庫数):
スマートフォン(iPhone/平均400台、android/平均700台)
フィーチャーフォン・ガラケー/平均150台
アイテム(アクセサリー等)/約800個
※バックオフィスも含む
買取アイテム(ガラケー、スマートフォン、タブレット、パソコン、デジカメ、ゲーム機、ゲームソフト、フィギュア等)

「買取コラボの可能性を模索したい」/株式会社携帯市場 代表取締役 粟津浜一 コメント

「当社は、昨年までiPhone修理店とのコラボにより、販売・買取拠点を増やしてきました。修理店はそれほどのスペースは必要なく、そのため、中古携帯の売り場に限りがあります。今年は、通信分離の声もあり、中古携帯が注目される1年です。我々も買取拠点を増やしてきたいところですが、物件サイズやコストも考慮すると簡単ではありません。そこで、商材に得意領域を持った企業とのコラボで買取拠点を増やすことで投資を抑え、買取スキルや人材面でもシェアする“買取コラボ”店の可能性も模索したいと考えていました。このたびソフマップ社とのコラボにより、まずは、買取の間口を広げることで集客し、倉庫直結型のECと連動しながら、買取コラボ店として収益性を高めたいと考えています。

「中古携帯市場は追い風」/株式会社ソフマップ 代表取締役社長 渡辺武志 コメント

「ソフマップは、都市部を中心に多店舗展開し、30年以上前に中古事業を始めましたが、ここ数年のフリマアプリ等の影響もあり、中古市場はますます活気を帯びてきています。特に携帯電話については、シムロック解除の義務化や各キャリアの料金体系の見直しなど、中古携帯市場にとっては大きな追い風になっており、今回の出店は、買取チャネルの拡大として大いに期待しています。買取専門店だから実現できるデータ消去や動作チェックなど、中古商品を安心して手軽にお買い求めいただけるよう、両社の強みを活かして取り組んでいきます。

株式会社携帯市場について

企業名:株式会社携帯市場
代表者:代表取締役 粟津浜一
創業:2008年1月
住所:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:中古携帯電話の売買、中古携帯電話の提携店サポート
従業員数:38名(パートアルバイトも含む)
運営店舗:
・携帯市場 神田本店/東京都千代田区神田須田町1-22-2 エム・ワイビル1F
・携帯市場 ベイシア前橋モール店/群馬県前橋市上泉町680-1 ベイシア前橋モール店内
・携帯市場 嵐山店/埼玉県比企郡嵐山町菅谷539-11
・携帯市場 草加八潮店:埼玉県草加市弁天6-21-1 大澤ビル1F
・携帯市場 足立北千住店:東京都足立区千住2丁目26 エクセル33 1F
・携帯市場 ALCO越ケ谷店:埼玉県越谷市越ケ谷1-16-6 ALCO越ケ谷ショッピングスクエア2F
・携帯市場 フレンド八潮フレスポ店:埼玉県八潮市大瀬1-1-3 フレスポ八潮2F店内
・携帯市場 MAXふくしま店:福島県福島市曽根田1-18「MAXふくしま」3F
・携帯市場 富士店:静岡県富士市永田町1丁目92番地 ifc富士店内
・携帯市場 柏店:千葉県柏市中央1-2-23 ifc柏店内
・携帯市場 イオンユーカリが丘店 千葉県佐倉市西ユーカリが丘6-12-3
イオンタウンユーカリが丘 東街区2F パソコンの森店内
ウェブサイト:https://keitaiichiba.co.jp/index.php

株式会社ソフマップについて

企業名:株式会社ソフマップ
代表者:代表取締役社長 渡辺 武志
住所:東京都千代田区外神田1-16-9
事業内容:パソコン、ソフト、デジタル家電等の販売(新品・中古)、買取、サポート
従業員数:582名
運営店舗:計21店舗
関東地区13店舗/秋葉原5店舗 池袋2店舗 新宿 立川 町田 横浜 大宮 川越
東北地区/仙台1店舗
関西地区3店舗/京都 なんば 神戸
東海地区/名古屋1店舗
中国・九州地区3店舗/岡山 広島 天神
※2018年11月14日現在
ウェブサイト:https://www.sofmap.co.jp/